Business

仏LVMHがブルガリ買収を正式発表

Image by: Fashionsnap.com
 LVMH モエヘネシー・ルイヴィトン(=以下LVMH)が3月7日、イタリアの高級宝飾ブランド「BVLGARI(ブルガリ)」を買収する事を正式に発表した。先週末の日曜の夜に決定したというブルガリの買収は、ブルガリ一族が保有する51%の株式とLVMHの株式を交換することで実施。ブルガリ経営者一族はLVMHの第2位の株主となり、一方LVMHはブルガリの経営権を握りジュエリー界の巨人を傘下に収める事となる。

 買収が話し合われたのは、先週末。ブルガリとの協議後に、日曜日の夕方から行われたLVMHの取締役会で満場一致で可決という異例のスピード決断だった。取引はブルガリの1億5250万株とLVMHの1650万株を交換する形で行われる。(またイタリア証券取引所規則に則り、12.25ユーロの公開買付けの申し出を提出する予定)買収額は欧州報道では、約37億ユーロとなり日本円でおよそ4200億円となっている。
ブルガリのPaolo Bulgari(パオロ・ブルガリ)とNicola Bulgari(ニコラ・ブルガリ)は、これまで通りブルガリの取締役会会長と副会長として存続。ブルガリのCEOであるFrancesco Trapani(フランチェスコ・トラーパニ)はLVMHの執行委員会に入り、2011年後半からはLVMHの時計とジュエリーの経営を行っていく。

 「BVLGARI」は、ギリシャで古くから伝わる銀細工師一族の家系に生まれたソティリオ・ブルガリによって、1884年、イタリアのローマで創立。19世紀ローマのジュエリー様式からインスパイアされた独自の宝石やジュエリー、時計は好評を博し、1970年代にはブルガリは海外へと進出。1980年代にはフレグランスを手がけるなど多角化戦略を打ちだし目覚しい成長を遂げた。1995年、ミラノ証券取引市場に参入。その後もテキスタイルコレクションやレザーグッズ、高級アイウェア、ホテルなどを展開しながらもイタリアを代表する高級ジュエラーとしての地位を確立している。

 ブルガリCEOのFrancesco Trapaniは買収にあたって「収益成長時に、このようなステップを踏めることはファミリーやブルガリにとってすばらしいことです。我々がLVMHに入ることによって世界での成長を強化でき購買力と販路で強いシナジー効果が期待できます。もう一つ、私はLVMHが取り扱う時計や宝石の部門、例えばタグホイヤー、ショーメ、ゼニス、ウブロ、フレッドそしてデビアスを任されたことに誇りを感じます。今後、ブルガリと他のブランドは投資とイノベーションを重ねハイエンドセグメントのワールドリーダーを目指します。」と語っている。

 LVMHグループ会長のBernard Arnault(ベルナール・アルノー) は 「LVMHグループとブルガリファミリーの組み合わせはパーフェクトなコンビネーションです。私たちは似た視点を共有しています、文化とアイデンティティ、ブランドのルーツ、エクセレンスを求める探求、そしてクリエイティビティとイノベーション。今後、ブルガリファミリーのシェアホルダーは直接LVMHのマネジメントに加わり、事業家としてビジネスで飛躍すべく、商品のクリエイションからアフターサービスの事まで活動するという合意により、私たちはすぐに一緒に働くことを決めました。私はこのパートナーシップはブルガリそしてLVMHグループにとても有益であると考えています。」と述べている。

 LVMHは2010年12月、「HERMÈS(エルメス)」を展開するフランスのエルメス・アンテルナショナル社(=以下エルメス)の株式を20%取得。エルメスはブルガリ同様、経営者一族が持つ株式の割合が高いことで知られているおり、株式取得に対抗して2011年1月には、エルメス一族が会議によって持ち株会社の設立を発表。LVMHとどのような協力体制を築くのかが注目されている。

The Bulgari family joins forces with LVMH and transfers its majority shareholding in Bulgari S.p.A.

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング