大型リゾート施設「ネスタリゾート神戸」が7月開業 グランピングからホテルまでを複合

イメージヴィジュアル
イメージヴィジュアル
画像: NESTA RESORT

 大型複合リゾート施設「ネスタリゾート神戸(NESTA RESORT KOBE)」が、7月1日に開業する。約230万平方メートルの敷地にホテルやグランピング&BBQ、プール、スポーツなどのエリアを設け、関西屈指のリゾート&エンターテインメント施設として展開。オープン後も新施設を追加し、完成は2018年を予定している。

 「ネスタリゾート神戸」は、昨年末に閉業したグリーンピア三木の跡地にオープン。施設名の「NESTA」はNature(自然)、Entertainment(エンターテインメント)、Spa(温泉)、Sports(スポーツ)、Technology(テクノロジー)、Activity(アクティビティ)の頭文字を組み合わせ、「日々進化するリゾート」をテーマに、兵庫県三木市の雄大な自然を活用した多彩なアクティビティを提案する。

 施設の開業は、第1章と第2章の2段階に分割。7月1日にオープンを迎える第1章では、グリーンピア三木ホテルの魅力を継承しながら「雅モダンなホテル」を打ち出したホテル「ホテル ザ パヴォーネ(HOTEL THE PAVONE)」や、グランピングとBBQをテーマにした「グランプ バーベキュー パーク(GLAMP BBQ PARK)」、2トンの水を用意した関西最大級の水のエンターテインメント「水の要塞」などをそろえた「ウォーター フォート(WATER FORT)」、屋外テニスコートを設置したスポーツエリアを展開する。

 2016年秋から2017年春までに順次営業を開始する第2章では、日本で初めて年間300日以上稼働するイルミネーションエリアや、ワイヤーロープを滑車で駆けめぐるアドベンチャーアクティビティ「ジップライン(ZIPLINE)」、大阪府内で人気のスパ施設「延羽の湯」、冬季限定のスケートリンクといった様々な施設を追加。全部屋に温泉を完備した大人向けのラグジュアリーホテルや、戸建てタイプの高級宿泊施設「VILLA」など宿泊施設をさらに充実させ、これまでの関西圏のリゾートにはなかった施設を目指す。初年度の売上目標は25億円、来場者目標は60万人。2018年の完成以降は、年間で売上75億円、来場者数は150万人〜200万人を目標に掲げる。

■ネスタリゾート神戸(NESTA RESORT KOBE)
運営会社:株式会社NESTA RESORT
オープン日:2016年7月1日(金)
所在地 :兵庫県三木市細川町垂穂894-60
営業時間:施設に準ずる
敷地面積:約230万平方メートル
総合監修・設計監理:株式会社高松伸建築設計事務所
デザイン監修:イタル・マエダ・デザイン株式会社

■駐車場
料金:普通車1,000円、中型車1,500円、大型車2,000円、単車200円
駐車可能台数:3,000台

■NESTA内運行バス
営業時間:8:00~21:00(季節によって変動)
料金:無料
運行台数:3台(1台50名乗車可能)

公式サイト