蜷川実花とすみだ水族館が再びコラボ 幅4メートルの大型水槽が追加

新たに追加された「クラゲ」ゾーン
新たに追加された「クラゲ」ゾーン
画像: FASHIONSNAP

 すみだ水族館が、写真家で映像監督の蜷川実花とコラボレーションしたイベントを11月8日から2017年3月14日まで開催する。昨年に引き続き「クラゲ万華鏡トンネル」内にある8個のクラゲ水槽に加えて、今年は幅約4メートル、高さ約1.5メートルの大型クラゲ水槽を含む10個のクラゲ水槽を新たに追加し、館内を幻想的に演出する。

 昨年人気を集めた「クラゲ万華鏡トンネル」には、ミズクラゲやカラージェリーフィッシュが入った8つの水槽を壁面に設置。壁と天井の3面が約5,000枚の鏡で囲まれた全長約50メートルのスロープに蜷川実花が手がけた極彩色の映像が反射し、異空間を創出する。

 新たに登場する「クラゲ」ゾーンでは大型のクラゲ水槽に加えて、8種類の様々なクラゲを展示したU字型水槽も映像作品や写真で彩る。会期中はクラゲがテーマの特別メニュー「ふわふわクラゲソーダ」や、イベント関連グッズを販売する。

■すみだ水族館(SUMIDA AQUARIUM)
場所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F
営業時間:9:00 ~ 21:00
※入場受付は閉館の1時間前まで
※季節による変更あり
休館日:なし(年中無休)※水族館のメンテナンスやイベント等による臨時休業あり

公式ホームページ