ブランド品に特化した新アプリ「メルカリ メゾンズ」発表、価格相場の自動査定も

メインビジュアル
メインビジュアル
画像: FASHIONSNAP

 メルカリ子会社のソウゾウが8月21日、新アプリ「メルカリ メゾンズ」を発表した。ブランド査定付きのフリマアプリで、同日からiOS版およびAndroid版で提供を開始した。

 「メルカリ アッテ」「メルカリ カウル」に続く第3弾アプリとなるメルカリ メゾンズは、ブランド品に特化したフリマアプリ。「メルカリ」での販売実績や中古市場などのデータを活用するため、出品したいブランド品を撮影し、色やデザイン、商品状態を入力するだけで、出品前に売却価格の相場を自動査定することができる。希望の金額に満たない場合は出品しないことも可能。一度査定したアイテムはマイページに保存されいつでも出品できるほか、相場が変化し高値で売れやすいタイミングを知らせる通知機能も備わっている。メルカリにも同時出品され、「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」といった配送サービスなどメルカリの機能を利用することもできる。

 また、商品撮影時に画角を指定する「ガイド付きカメラ」を搭載。購入者が気になるポイントが網羅されており、写真を撮影するだけで商品情報を判別に自動入力できる。公開時は「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「シャネル(CHANEL)」のバッグと財布のみに対応するが、順次対象ブランドを拡大する予定だ。

 メルカリグループでは偽ブランド品の撲滅に取り組んでおり、万が一、届いた商品が偽ブランド品の可能性がある場合は同社の基準に基づき調査を行い、保証条件に合致した場合は商品代金を返金するという。

■メルカリ メゾンズ:公式サイト