20歳のファッションアイコン相羽瑠奈が中高生女子に人気の理由

相羽瑠奈

 ティーンを中心に人気のファッションアイコン相羽瑠奈が、昨年12月から大阪、東京、福岡の3ヶ所で期間限定のセレクトショップ「レインボーシェイク(RAINBOW SHAKE)」を出店し、大勢のファンが駆けつけた。(文・写真 / 橋長初代)

【関連】19歳 相羽瑠奈のブランド「RRR BY SUGAR SPOT FACTORY」販売開始

 大阪では、12月17日・18日の2日間、市内南船場4丁目のギャラリースペース「パレード」にオープン。POCKY=ポップ、オリジナリティ、カラフル、カワイイ、ヤミーをコンセプトに、相羽が国内外でセレクトした古着と雑貨、オリジナルブランド「アールバイシュガースポットファクトリー(RRR BY SUGAR SPOT FACTORY)」の新作コレクションを発売した。2日目には、ミックスチャンネルやインスタグラムで人気の大阪の高校生カップル「せなさく」も来店し、店を盛り上げた。

徳島から友達と2人で訪れた女子高生は、ファーのポケット付きスカートと古着を購入。「瑠奈ちゃん独自の発想と世界観が好きで、2年前からファンになった。本人には初めて会ったが、思っていた通り優しい印象だった」と嬉しそうに話す。

ツイッターで知り合ったという香川と大阪の高校生3人組は、昨年夏オープンした原宿のポップアップショップにも一番乗りしたほどの熱烈なファン。「瑠奈ちゃんはファッションだけではなく、料理やインテリアなども見えないところまでこだわっているところが好き」といい、相羽に負けず劣らずのセンスで個性的なファッションを披露してくれた。福井から一人で来た女子高生も「自分だけのファッションを楽しめてカラフルで可愛いところが好き」という。

RAINBOWSHAKE-20161217_006.jpg

 彼女たちの憧れの存在、相羽瑠奈は20歳の現役学生だ。高校生のとき、好きな雑貨を並べた部屋の写真をツイッターに投稿したところ、可愛いと共感する人が増え、雑誌やテレビで注目された。16歳で雑誌の専属モデルとしてデビュー。以来、原宿を中心とした東京のファッションアイコンとして人気を集め、インスタグラムのフォロワー数は8万8000人を超える。現在、バンタンデザイン研究所ファッションプロデュース学科の2年生。2016年4月に、授業で企画した自身のブランド「アール(RRR)」を本格的に立ち上げ、ネットでの販売をスタートした。

RAINBOWSHAKE-20161217_005.jpg
次のページは「2週間で400万円を販売 相羽瑠奈人気の理由とは?