Business

トム・ブラウンがクロスカンパニーと資本提携、東京に「Thom Browne」旗艦店オープンへ

Thom Browne 2009-10 A/W Collection
Image by: Crosscompany / Thom Browne

 日本のアパレル企業クロスカンパニーが、米国トム・ブラウン社と資本・業務提携に係る契約を締結した。2010年1月をめどにトム・ブラウン・ジャパン社を設立し、同年9月に日本初の「Thom Browne(トム・ブラウン)」旗艦店のオープンを予定している。

 クロスカンパニーは、トム・ブラウン社株式の20%を取得し、資本提携を行う事を発表。クロスカンパニーが50%前後を出資し設立するトム・ブラウン・ジャパン社を通じ、デザイナーThom Browne(トム・ブラウン)氏が手掛けるメンズブランド「Thom Browne」を、日本をはじめアジアで展開する。トム・ブラウン・ジャパン社の代表取締役社長には、クロスカンパニー代表取締役社長の石川康晴氏が就任。2010年9月には国内1号店となる旗艦店を東京都内に出店を予定している。

 トム・ブラウン・ジャパン社の事業構成は、ファーストライン「Thom Browne」事業が20%、ライセンス商品を含むセカンドラインが50%、その他事業が30%を計画。2016年までに、売上高100億円を目指す。

 デザイナーThom Browneは、2006年CFDAファッション・アワードの「メンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」など、数々の賞を受賞している実力派で、メンズウエアの概念を覆す、新しいアメリカン・トラディショナルを提案している。現在、自身のブランドの他、「Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)」の高級ライン「BLACK FLEECE(ブラック・フリース)」のデザイナー、及び、伊スポーツウエアブランド「MONCLER(モンクレール)」の新メンズライン「MONCLER Gamme Bleu(モンクレール・ガム ブルー)」のデザイナーを兼任している。

 岡山に本社を置くクロスカンパニーは、「earth music&ecology(アースミュージック&エコロジー)」や「E Hyphen World gallery(イーハイフンワールドギャラリー)」など、これまで主に女性向けのカジュアル衣料の企画・製造・小売り販売を行ってきた。トム・ブラウン社との資本提携により、紳士衣料に着手する事で事業領域の拡大を図り、2016年度連結売上高として1000億円を目指す。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング