Business

三陽商会、バーバリー社との契約を2015年までに短縮

 三陽商会と三井物産およびバーバリー社は、契約当初2020年までとしていた「BURBERRY(バーバリー)」ブランドのライセンス契約を見直し、2015年までに変更する修正契約書を締結したことを発表した。

 この見直しは、1999年の契約締結時には想定しえなかった経済環境の激変により、契約事項のいくつかが現実的に対応しきれなくなっていることを契約当事者がそれぞれ認識し、バーバリー・ブランドの更なる発展の為、現実的対応が可能になるよう契約上の修正を行ったもの。この修正に伴い、契約期間についても、経済環境が激変する状況において長期に設定することの是非について検討を行った結果、これを見直し、2015年までとすることで合意した。

 契約見直しと併せて、現在日本においてのみ展開されている「BURBERRY BLUE LABEL(バーバリー ブルーレーベル)」および「BURBERRY BLACK LABEL(バーバリー ブラックレーベル)」を、日本以外のアジア市場において、バーバリー社が三陽商会と三井物産との連携の下、試験的に店舗をオープンすることについても合意がなされた。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング