Media

フジマキ・ジャパンの藤巻幸夫氏が「みんなの党」から出馬へ

 フジマキ・ジャパン代表取締役副社長の藤巻幸夫氏が、夏の参院選にみんなの党の比例代表候補として出馬すると表明した。経験豊富な人生から紡ぎ出されたリーダー論、仕事術、人生哲学など多岐に渡る講義や「チームリーダーの教科書」などの著書をもつ藤巻氏の政権進出に注目が集まる。

 藤巻氏は、1982年に伊勢丹へ入社。「百貨店初の試み」を数々と仕掛け、カリスマバイヤーとして名を馳せた。伊勢丹退社後、経営破綻した靴下メーカー「福助」の代表取締役社長としてわずか1年半で再建させた功績等は高く評価されている。その後、イトーヨーカ堂の取締役兼セブン&アイ生活デザイン研究所社長を経て、2008年兄の藤巻健史氏が社長を務めるフジマキ・ジャパンの副社長に就任。現在は09年に設立した小売店舗運営会社、藤巻兄弟社で代表取締役社長も兼任している。

 

 

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング