Media

EMODAプロデューサー松本恵奈が歌手デビュー

 マークスタイラーが展開するブランドの中でも今最も勢いのあるのがブランドプロデューサー松本恵奈が率いる「EMODA(エモダ)」だ。ブランドデビューから約1年、店舗数は現在3店舗ながらも売れ筋である"デギンス"をはじめ人気アイテムを続々と生み出している。1日限定のテレビCMや宝島社出版のブランドムック発売など様々なメディア戦略でも注目を集めている中、24日午前0時松本恵奈が公式サイトにて歌手デビューすることを発表した。
 

 オフィシャルブログによるとデビュー曲は青山テルマを手がけたシンガーソングライターSoulJa(ソルジャ)が手がけたCM曲「only one」と中島美嘉の曲制作をしている酒井亮介氏が手がけた切ないバラード「I still love U」の2曲とそうそうたるメンバーが制作に携わっている力作。さらに明日までの期間中、2曲ダウンロードするとオリジナル待ち受けがプレゼントされ、その待ち受けを店頭で見せれば店内商品10%オフになるという新たな仕掛け付きだ。

 松本恵奈は「rienda」心斎橋店店長を経て雑誌「ViVi」でカリスマ読者モデルとして活躍、その後「EMODA」のプロデューサーに就任した1985年生まれの25歳。彼女の人気の秘訣は独自のファッションセンスだけではなく、メイクやヘアにもあり、mixiでも彼女の着こなし、メイクについて語るコミュニティが立ち上がっている。「ViVi」や「SCawaii」「BRENDA」などにモデルとして出演の際も「EMODA」の着こなしとともにメイクも伝授。最近では"ギャル"という枠を超え「JJ」のカバーモデルに抜擢されるなど幅広い女子から人気を得ている。

 「EMODA」は、8月27日の神戸マルイ店オープンを皮切りにSHIBUYA109のリニューアル、LUMINE横浜、池袋PARCOと若者集うスポットに9月1ヶ月間で5店舗を続々とオープンする。LADY GAGAのファッションに牽引されてギャルたちにも"モード"な装いが浸透しているなか、"ギャルが着るモード服"をコンセプトにカリスマプロデューサー松本恵奈が手がける「EMODA」の今後に注目が集まる。


■EMODA
 オフィシャルサイト
 松本恵奈オフィシャルブログ

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング