Business

新「三越銀座」客足好調 初日売上7億円

Image by: Fashionsnap.com
 2010年9月11日(土)に増床オープンした「銀座三越」の滑り出しが好調だ。初日の売上高、来店客数ともに通常のおよそ3倍を記録。従来の1.5倍の広さに生まれ変わった同店の最初の週末は、終始多くの買い物客で賑わった。
— ADの後に記事が続きます —

 銀座に出店して80年を迎える三越の増床は、三越伊勢丹ホールディングスが発足して以来初めてとなる大型開発プロジェクト。全面リニューアルした従来の店舗(西側)と新しい店舗(東側)の総店舗面積は約36,000平方メートルで、銀座エリア最大規模。"百貨店のあるべき姿"を追求した商品とサービスで、上質なライフスタイルを提供している。

 初日の朝、オープン前には約2,000人の客が並んで開店を待ち、急遽15分早めて9時45分に開店。オープン記念商品などを求める客で、店内でも各所に行列が出来た。オープン初日の売上高は約7億円、来店客数は18万人で、いずれも通常の土曜日のおよそ3倍。「特に賑わったのは1階と地下1階の化粧品と雑貨のフロア」(銀座三越・広報)とのことで、地下鉄銀座駅と直結したアクセスの良さも客足を伸ばす要因のひとつとなっている。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング