Business

エステティック「ラ・パルレ」が民事再生

 エステティックサロンを運営するラ・パルレが2010年10月5日、東京地裁に民事再生手続の申し立てを行ったことを発表した。メインバンクの日本振興銀行が経営破たんしたことが影響した。負債総額は約27億円。11月6日に上場廃止予定。

 ラ・パルレは1978年創業。2002年に大阪証券取引所ヘラクレスに上場。2008年に特定商取引法に違反したとして業務の一部停止命令を受けたことから経営状況は悪化。2009年より日本振興銀行がメインバンクとなり事業資金の支援を受けていた。しかし2010年9月にメインバンクの経営破たんという事態を受け、スポンサー探索を開始したが難航。10月5月に民事再生手続の申し立てを決議した。

 ラ・パルレは、メンズエステの先駆けとしても知られ、現在日本全国で49店舗を展開。9月開催「第11回東京ガールズコレクション(TGC)」では、オフィシャルスポンサーとして初のステージを行っていた。今後はスポンサーを募集するとともに早期に事業再建を目指すと発表している。

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング