World

レンツォ・ロッソ バーチャルヴィレッジで貧困撲滅

Only The Brave Foundation Image by DIESEL
Only The Brave Foundation
Image by: DIESEL

 国連開発計画(UNDP)によると全世界で5人に1人、約12億人の人が極度の貧困状態にある。このような世界の貧困撲滅のために「DIESEL(ディーゼル)」の創始者兼「Maison Martin Margiela(メゾン マルタン マルジェラ)」などのブランドを傘下にもつ「Only The Brave(オンリー・ザ・ブレイブ)」 社代表、Renzo Rosso(レンツォ・ロッソ)氏がバーチャルでその生活を体感できる新感覚プロジェクトを開始した。

— ADの後に記事が続きます —

 数々の高級ブランドを傘下に持つホールディングカンパニー「Only The Brave」は、2015年までにアフリカの貧困を解決することを目標にした世界的な非営利団体Millennium Promise(ミレニアム・プロミス)とパートナーシップを組み、アフリカのマリにあるディオロという人口約2万人の村を支援。村を「オンリー・ザ・ブレイブ・ミレニアム・ビレッジ」として、2009年から学校や病院などの施設整備や農業振興のための種や肥料の配布など、村の人々が自分たちの力で貧困から脱け出すことができるよう生活基盤の改善に取り組んでいる。

 新たに始動した世界中の貧困撲滅に向けた「Only The Brave Foundation (オンリー・ザ・ブレイブ・ファウンデーション)」では、遠くに感じられるアフリカのオンリー・ザ・ブレイブ・ミレニアム・ビレッジにオンラインを通じて訪れることができる参加型プロジェクト。サイト上では現地の様子を忠実に再現。バーチャルな村を探検して、会話やゲームなどを楽しみながらディオロの人々の生活を体験することができる。また、サイト上から寄付を通じて貧困撲滅の活動に参加することも可能だ。アバターとして自分がバーチャルの空間で生活を体感することで、若い世代に向けてアフリカをはじめとする世界中の貧困の現状の認知や撲滅を働きかける。


■Only The Brave Foundation
URL:http://www.diesel.co.jp/news/detail.php?id=37

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング