Business

LVMH エルメス株の14.2%を取得

 LVMH モエヘネシー・ルイヴィトンが、「HERMÈS(エルメス)」を展開するフランスのエルメス・アンテルナショナル社の株式を15,016,000株取得したことを公式サイトで発表した。これは全体の14.2%にあたり、取得にかかった総費用は14億5000万ユーロ。日本円にしておよそ1,640億円にのぼる。

 フランスを本拠地とするLVMHは、「Louis Vuitton(ルイヴィトン)」や「LOEWE(ロエベ)」などの高級ファッションブランドをはじめウォッチブランドの「TAG HEUER(タグ・ホイヤー)」やシャンパンブランドの「Dom Pérignon(ドン・ペリニヨン)」などの高級ブランドを傘下にもつ複合企業。一方のエルメス・アンテルナショナル社は代々家業として経営を継承してきた企業として知られている。

 今回LVMHが取得したのはエルメス株14.2%。取得にかかった総費用は14億5000万ユーロで日本円にしておよそ約1,640億円にのぼる。その他に金融派生商品を3%保有しており、デリバティブが株式に転換されると合計で18,017,246株を持つ事となり、持ち株比率は17.1%に上る。

 LVMHは、「株式取得の目的を世界的に成功しているフランスを代表するメゾンに貢献するためとエルメスの安定株主となること」としており、「HERMÈS」をコントロールする意思はなく取締役会に席を置かないことも発表している。「HERMÈS」は、全株式数の70%強を一族が保有していると言われており今回の取得がどのような結果に結びつくかに注目が集まっている。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング