Business

ユナイテッドアローズ、メンズ「時しらず」事業撤退

  ユナイテッドアローズが12月24日、メンズ向けのストアブランド「時しらず」事業の撤退を発表した。今後の成長性、収益性などを勘案した戦略的理由から撤退を決定。2011年3月中旬に直営店を閉店し、3月末にオンラインショップの運営を終了する。

 「時しらず」は、"ハイストリート" というキーワードをもとに、実験事業「UA ラボ」として2002年2月にスタート。ハイファッションとストリートファッションの架け橋を担うメンズショップとして代官山に直営店を構え、「UNITED ARROWS」自社オンラインストアと「ZOZOTOWN」にてECショップを運営してきた。2010年3月期の売上高は674百万円。

 新たな事業を横軸に展開することでマーケットの幅を広げる「多事業軸化戦略」を経営戦略のひとつとして掲げているユナイテッドアローズは、新規事業の設立にあたっては「UA ラボ」でマーケット規模などの見極めを行った後に事業拡大を行っている。今後、「時しらず」事業以外の各事業についても経営環境を勘案しつつ、より厳格な精査を実施することでグループ全体の収益性向上を目指すとしている。

■時しらず 公式サイト:http://www.tokishirazu.jp/

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング