Business

資生堂が創業の地 銀座で"未来計画"スタート

2009年4月にオープンした「THE GINZA 銀座店」 Image by Fashionsnap.com
2009年4月にオープンした「THE GINZA 銀座店」
Image by: Fashionsnap.com

 国内最大手の化粧品メーカー資生堂が、2012年に創業140周年を迎えるにあたり一大プロジェクト「資生堂-銀座 未来計画」を発足。その一環として、2011年4月下旬、旧ザ・ギンザビル跡地に新たな美容施設をオープンする予定だ。

— ADの後に記事が続きます —

 「資生堂-銀座 未来計画」とは、資生堂の創業地である銀座で化粧品や美容法のフィールドはもちろん、食文化や芸術文化などを含めた"美しい生活文化の創造を銀座と共にめざす"というプロジェクト。新設される美容施設では、ヘアサロンやネイルサロンのほか、顧客のあらゆるニーズに対応する窓口を設けることでサービスの向上を目指す。また、美容情報が氾濫する中、個々に合った最適な化粧品と美容メソッドを提供する場として機能する。

 隣接する東京銀座資生堂ビルは、2011年に10周年を迎えるにあたり1階と11階をリニューアル。建設から約40年が経過し、老朽化が進んだ本社社屋も2011年5月より解体工事を開始し、2013年8月末の竣工を予定している。資生堂は、本社社屋を含めたこの3つのビルを世界へ向けた情報発信の場としていく。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング