Business

「ユニクロの使命」国連機関UNHCRと契約し服で全難民支援

UNHCR駐日代表ヨハン・セルス氏とファーストリテイリング大苫直樹氏 Image by Fashionsnap.com
UNHCR駐日代表ヨハン・セルス氏とファーストリテイリング大苫直樹氏
Image by: Fashionsnap.com

 ファーストリテイリングが2月23日、国連難民高等弁務官事務所(以下 UNHCR)とのグローバルパートナーシップを締結し、難民・避難民問題の解決に向けて本格的に取り組むことを発表した。「UNIQLO(ユニクロ)」「g.u.(ジーユー)」における全商品リサイクルをはじめとする活動を拡大することで全世界3,600万人以上の難民・避難民全員に衣料品を届けることを目指し、UNHCRと連携して包括的に問題解決に挑む。

— ADの後に記事が続きます —

 スイス・ジュネーブに本部を置く国連難民高等弁務官事務所(UNHCR: United Nations High Commissioner for Refugees)は、世界の難民の保護と支援を行う国連の機関。国連総会によって設立され、1951年に活動を開始した。ファーストリテイリングは、2001年より「UNIQLO」のフリース製品の回収リサイクルを開始し、2006年からは全商品を対象にしたリサイクル活動に発展。これまでUNHCRをはじめとする国際機関やNGO、NPOの協力のもと、約312.2万点の衣料を17ヶ国の難民・避難民に届けてきた。UNHCRとのグローバルパートナーシップ契約は、同社が世界6番目にしてアジア初の企業。連携体制を強化し、全商品リサイクル活動やインターンシップ制度を通じて広い分野での難民・避難民問題の解決に向けた活動に取り組むため、契約合意に至った。

 これまでの活動を通じて「服のチカラ」を再認識したというファーストリテイリングでは今後、衣料支援活動においてUNHCRとの強力なパートナーシップのもと、全商品リサイクル活動を「UNIQLO」を出店する全ての国に随時拡大。まずは3月より、韓国で衣料品の回収を開始する。また、回収した衣料を寄贈する支援国を徐々に増やし、2011年はアフガニスタンやスーダン、ブルンジ、 コンゴ民主共和国、パキスタンに拡大。また、6月より日本の難民を対象に、ユニクロ店舗で働くインターンシッププログラムの開始を予定。さらにUNHCRがファーストリテイリングの従業員をインターンとして受け入れるプログラムを構築することで、UNHCRで培った経験を社内にフィードバックし、相互間での交流を図る。また、世界難民デーにあわせて販売している「ユニクロ×UNHCRチャリティTシャツプロジェクト」は、2011年も継続実施を予定している。

 都内で開かれた会見にてファーストリテイリング グループ上席執行役員の大苫直樹氏は、難民・避難民問題の解決に向けた衣料支援について「服を扱う企業としての使命」とし、UNHCRとの連携体制を一層強めることで「服のチカラで世界を良い方向に変えていきたい」を意気込みを語った。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング