Business

サマンサタバサが韓国百貨店大手ロッテ社と合弁会社

 サマンサタバサジャパンリミテッドが5月24日、「ロッテ百貨店」などを運営するロッテショッピング(以下ロッテ社)との合弁会社を設立することを発表した。ロッテ社は、韓国国内に22店舗の百貨店を展開している国内大手企業。サマンサタバサジャパンリミテッドは合弁会社STL Co., Limitedの設立により韓国での店舗網を構築し、アジア展開をさらに加速させる。

 1979年に設立したロッテ社は、ソウル特別市中区小公洞に位置する6,000坪の面積を誇る本店をはじめ韓国国内に22店舗の「ロッテ百貨店」を展開。これに加えロッテショッピング事業展開として、ディスカウントストア「ロッテマート」の経営やスーパーマーケット「ロッテスーパー」なども手がけている。サマンサタバサジャパンリミテッドは、百貨店やスーパー、コンビニエンスストア、通販など流通業態を多角的に展開している韓国国内最大の流通グループであるロッテ社との合弁会社を設立する事で、韓国国内における同社事業の新規展開を図る。なお、合弁会社TL Co., Limitedはバッグ販売が主な事業内容として、6月より設立、8月より営業をスタートする予定だ。

 現在アジア地域において台湾に6店舗、シンガポールに2店舗、中国本土に3店舗と合計11店舗を展開しているサマンサタバサジャパンリミテッド。4月には台湾に初の旗艦店「サマンサタバサ ATT4FUN台湾店」のオープンを発表した。店舗展開を行っていない韓国においては、合弁会社を設立することから事業展開をスタートさせる考えだ。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング