Art

VIKTOR&ROLF2011-12年秋冬コレクション フィルム公開

 「VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)」が2011-12年秋冬のコレクションのショートムービーを公開した。ウィメンズのメインコレクションをもとに制作されたショートムービーには、中性的な雰囲気を持つモデルNatasha Vojnovic(ナターシャ・ヴォジョノヴィッチ)が出演。フェミニンな素材感を四角いラインへと落とし込んだ今季のメインコレクションと、ブランドのシグニチャーを詰め込んだ映像に仕上げている。

— ADの後に記事が続きます —

 2011-12年秋冬コレクションではランバージャックとタキシードをもとに、アウトドアとエレガンスとのハイブリッドを表現。黒やグレーに赤や白、ベージュを取り入れたカラーパレットと、タキシードウールやクレープシルク、キルトサテンなど女性らしい素材を落とし込んだシャープな四角いフォルムが今季の特徴。デザイナーのヴィクター・ホルスティンとロルフ・スノーレンは、「大きさ、プロポーションなどを予想外の方法で遊んだのです。非常にフェミニンな素材によるマスキュリンなラインにインスパイアされました。」とコレクションについて語っている。

 フォトグラファーPHILIP RICHES(フィリップ・リッチーズ)によって撮影されたショートフィルムでは、「White Shirt Capsule Collection(ホワイトシャツカプセルコレクション)」や「Black Dress Capsule Collection(ブラックドレスカプセルコレクション)」の最新コレクションを交えながら、今季を象徴するデザインを落とし込んだスクエアカラーのコートを魅力的に映写。ラストシーンで映し出される、全身にブランド名を散りばめた全身ストッキングを着用したヌード姿のNatasha Vojnovicの姿が、マスキュリンとフェミニンの両極を際立たせている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング