Art

ミント、アンリアレイジ、ソマルタなど東京ファッションの今を探る展覧会

ミントデザインズ 2011春夏コレクションより
ミントデザインズ 2011春夏コレクションより
Image by: Fashionsnap.com
 "日本発"ファッションの可能性を探る展覧会「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」が、東京オペラシティ アートギャラリーで開催される。現在のファッション業界への問題意識を持ち、新しい時代のリアリティを追求する「ミナペルホネン」や「ミントデザインズ」、「まとふ」などを含む10組の気鋭デザイナーの最新作品が集う。開催期間は2011年10月18日から12月25日まで。
 

 「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」は、21世紀を迎えて大きく変化した日本のファッション業界で日本のリアリティを独自の創造性で追求する若手デザイナーたちにスポットを当てた展覧会。オリジナルのテキスタイルを生かした服作りやストリートからの発信など、様々な特徴を持つデザイナーから新しいファッションデザインの在り方や道しるべを提示。"自ら感じ、考えながら、新しいファッションデザインを目指す"彼らの服づくりから「ファッションとは何か」という問いの答えを紹介する。

 参加ブランドは、「minä perhonen(ミナペルホネン)」、「mint designs(ミントデザインズ)」、「ANREALAGE(アンリアレイジ)」、「keisuke kanda(ケイスケカンダ)」、「matohu(まとふ)」、「SOMARTA(ソマルタ)」、「THEATRE PRODUCTS(シアタープロダクツ)」、「writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)」、「h.NAOTO(エイチ・ナオト」 、「SASQUATCHfabrix.(サスクワァッチファブリックス)」の10組。2012年1月14日からは神戸ファッション美術館での巡回開催も予定されている。

■感じる服 考える服:東京ファッションの現在形 Feel and Think: A New Era of Tokyo Fashion
 会期:2011年10月18日(火)~12月25日(日)
 会場:東京オペラシティ アートギャラリー
 開館時間:11:00−19:00 (金・土は 20:00 まで/最終入場は閉館の 30 分前まで)
 休館日:月曜日
 入場料:一般 1,000(800) 円/大・高生 800(600) 円/中・小生 600(400) 円

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング