Business

東京スタイル、「アプワイザー・リッシェ」運営アルページュを買収

 TSIホールディングス傘下の東京スタイルが、婦人カジュアル衣料のアルページュを29日付で買収することを発表した。東京スタイルは今年5月に「ROSE BUD(ローズバッド)」を展開するエレファントとローズバッドの2社の株式を取得しており買収攻勢を強めている。

 TSIホールディングスは、アパレルメーカー大手のサンエー・インターナショナルと東京スタイルの共同持株会社。買収契約し、東京スタイル傘下となるアルページュは、自社企画中心に「Apuweiser-riche(アプワイザー・リッシェ)」や「JUSGLITTY(ジャスグリッティー)」、「AneCan」の人気モデル高垣麗子(たかがき れいこ)のプロデュースによるルームウェアブランド「oeuf doux(ウフ ドゥー)」、新ブランド「Rirandture(リランドチュール)」などを運営するアパレル企業。百貨店やファッションビル、SC等に設けた36の「直営店」、地方専門店を対象にした「卸販売」、ECサイトを活用した「ネット販売」、「アウトレットモール」と、計4つの販売経路で事業を展開している。

 主力ブランドの「Apuweiser-riche」は、1997年に直営1号店となる池袋店(現:池袋ルミネ)を出店したのを皮切りにF1層(20~34才までの女性)のターゲットに特化したSP(自製造企画小売業)ブランドとしてデビュー。2003年には百貨店販路に進出している。東京スタイルは、株式取得の理由について「グループの成長と収益基盤強化のため」としており、アルページュを傘下に迎えることについて「(アルページュの)業績を充実させるとともに、当社グループが保有する経営資源を提供することで、事業規模の拡大を図る」と発表している。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング