Art

渋谷にクリエイターの為の24時間営業コワーキングスペースが誕生

コワーキングスペース「co-ba(コーバ)」 Image by 株式会社ツクルバ
コワーキングスペース「co-ba(コーバ)」
Image by: 株式会社ツクルバ

 24時間使用可能な日本初のクリエイターのためのコワーキングスペース「co-ba(コーバ)」が12月1日に渋谷にオープンする。世界の400箇所以上で流行しているという会議室や打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事をするスタイル、コワーキング(Coworking)を取り入れた。法人、個人問わず利用が可能でWi-Fi・電源はフリーで完備し、利用できる設備により異なった月額制プランを用意している。

— ADの後に記事が続きます —

 空間デザインやクリエイティブディレクションなどを行う株式会社ツクルバが手掛ける、コワーキングスペース「co-ba」は、東京の渋谷を拠点に活動するクリエイティブワーカーの為に作られた、最大で約40名程が入る約122.3㎡のフルオープンスペース。フリーランサーや起業家、プロボノワーカーなど利用者の働く形態は不問で、海外や地方からの短期滞在者でも利用が可能だ。従来のシェアオフィスやレンタルオフィスとは異なり、スペース全体を図書館のようなオープンな形にすることで、場所を共有するだけではなくお互いのアイディアやビジネスも共有し、自身の活動を行う事ができる。

 渋谷の新南口から徒歩3分のところにあるコワーキングスペース「co-ba」では会員制を設け、会員になると「ノマド」や「スタートアップ」、「スモールカンパニー」、「プロボノ」の4つのプランが利用可能。それぞれ月額制となっており、「ノマド」から「スモールカンパニー」に月額料が上がるにつれて、24ある鍵付きロッカーの利用や渋谷区の住所での法人登記も可能になる。別に設けられている会議スペースも「スモールカンパニー」プランでは通常1時間500円の所を無料で利用することができる。「プロボノ」プランでは平日6時から9時、または18時から24時、土日祝日は24時間使用が可能で月額10000円(税別)と4プランで最安値。また非会員でも利用が可能で、その場合は2ウィーク、もしくはワンデー単位の料金設定となっている。1日利用であれば10時から21時の間で1200円(税別)。

 2011年8月には原宿にもノマドワーカーやクリエイターに最適な新しいスタイルのインターネットカフェ「THE TERMINAL(ターミナル)」がオープン。「WORK+STUDY+EAT+DRINK+PLAY+24H=THE TERMINAL」をコンセプトにインターネットやドリンク、書籍やアートを自由に楽しむことができるスペースとなっている。

■co-ba  住所:東京都渋谷区渋谷3丁目26-16第五叶ビル5F  http://co-ba.jp  株式会社ツクルバ  http://tsukuruba.com/

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング