Art

4つの箱を積み上げた新施設「ヨツバコ」 横浜センター北にオープン

Update:
 2011年12月13日に紅茶専門店「森の売店ENCHAN-THE´ (アンシャンテ)」、2012年1月14日にパリ発の手芸材料店「La droguerie (ラ・ドログリー) 」がオープンしました。
「センター北駅」2番出口すぐ Image by FASHIONSNAP
「センター北駅」2番出口すぐ
Image by: FASHIONSNAP

 横浜市営地下鉄 センター北駅にオープンを迎える小型商業施設「Yotsubako(ヨツバコ)」 が、11月22日に店内を初公開した。地下1階から地上8階建ての店内には、国内初出店となるインテリア雑貨ショップ「Notting Hill Home」やリーズナブルな本格イタリアン「IL PONENTINO PIAZZA」など、選りすぐりの24店舗が出店している。オープン日は11月23日。

— ADの後に記事が続きます —

 「ヨツバコ」は、大きな箱を互い違いに4つ積み上げたような個性的な外観が特徴の小型商業施設。フロア構成は地下1階から地上8階、延床面積は7,340.79 ㎡で、"家チカながらお出かけ気分が味わえて普段の生活をアップグレードさせる商業施設"をコンセプトに、普段着でも気軽に立ち寄ることのできる空間を提供する。国内初出店となるイギリス・ノッティングヒルをイメージしたクラシックモダンなインテリア雑貨ショップ「Notting Hill Home」や、イースト東京エリア発の造花・クラフト用品店「east side tokyo」が蔵前店に続く2号店、リーズナブルな本格イタリアン「IL PONENTINO PIAZZA」が銀座店に続く2号店を同じく「ヨツバコ」に出店する。そのほか東急田園都市線で人気のベーカリー「ベッカライ徳多郎」、港北の人気中華料理店「天啓」など、神奈川県初出店テナントや地元・港北エリア発の人気飲食店など港北エリアの高感度な層を意識した計24テナントがオープンする。

 月間45万〜60万人の通行量があるという横浜市営地下鉄 センター北駅にオープンする「ヨツバコ」では、噴水公園や芝生広場など施設に隣接する自然環境と調和することにより施設内外での心地良さを演出。同施設を手がけるI'm.pの代表取締役社長の山田耕煕氏は、「贅沢志向のあこがれ消費でも価格コンシャスな節約志向でもなく、毎日の生活のポイントをゆとり、楽しさ、等身大といったキーワードを重視する『ライフスタイル消費族』をターゲットにこだわりあるアイテムを展開する」とコメント。周辺には同規模の商業施設「モザイクモール港北/都筑阪急」、「ノースポート・モール」のほか2013年春にオープン予定の「Premiere YOKOHAMA(プレミア ヨコハマ)」などが立地する。注目エリアへの参入にあたり、「互いに競うのではなく補完し合うことでエリア全体の魅力の向上や発展を目指していきたい」と意気込みを述べた。

■Yotsubako(ヨツバコ)  開業日:2011年11月23日(水)  所在地:神奈川県横浜市都筑区中川中央1丁目1番5号  営業時間:10:00〜23:00(※店舗により異なる)  運営:株式会社I'm.p  敷地面積:1,355.00㎡(409.89坪)  延床面積:7,340.79㎡(2,220.58坪)  建物が異様:地下1階〜地上8階  店舗数:約30店舗(予定)  アクセス:横浜市営地下鉄ブルーライン/グリーンライン「センター北駅」2番出口すぐ  URL:http://www.yotsubako.com/

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング