Art

柳 宗理氏が死去 享年96歳

 インダストリアル・デザイナー、プロダクト・デザイナーの柳 宗理(やなぎ そうり)氏が死去した。2002年文化勲章に次ぐ栄誉とされる文化功労者に選ばれ、ニューヨーク近代美術館やルーブル美術館(バタフライスツール)、メトロポリタン美術館などに作品が収蔵されている。代表作は、「バタフライ・スツール(天童木工製作)」。享年96歳。

 25日、柳 宗理氏の親族で、ラーメン店「麺屋宗」を運営する柳 宗紀氏のFacebookページに「本日 柳宗理 永眠 柳宗理の残した作品はいつまでも多くの方に愛されると思います。クリスマスに亡くなるなんて最後まで粋だなって感じました。これからも柳宗理の作品をよろしくお願いします」と書き込みされたとTwitter上で話題となった。

 柳 宗理氏は、1915年東京都原宿生まれ。1934年に東京美術学校洋画科へ入学し、バウハウスにいた水谷武彦氏の講義でル・コルビュジェの存在を知り、デザインに関心を持つ。1950年に柳宗理デザイン研究所を開設。第11回ミラノ・トリエンナーレへ出品した「バタフライ・スツール」などの作品が金賞を受賞したことをきっかけにデザイナーとして海外でも勢力的に活動を行った。1981年に紫綬褒章を受章し、2002年に文化功労者に顕彰される。

 主な作品は、木製・スチール製・プラスチック製等の家具 、自動車、計器、ミシン、照明器具、ナイフ・フォーク・スプーン等のテーブルウェア、コップ水差し等のガラス製品、陶磁器食器、東京オリンピックトーチホルダー、札幌オリンピック聖火台、東名高速道路足柄橋、東京料金所防音壁、関越自動車道路関越トンネル坑口など。

■SORI YANAGI 公式サイト
http://www.yanagi-support.jp/index.html

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング