Art

世界3大広告賞「One Show」の優秀作品を展示

 吉田秀雄記念事業財団が運営する「アド・ミュージアム東京(=ADMT、東京・汐留)」で「ONE SHOW 2011展」が開催される。カンヌ国際広告賞、クリオ賞と並び、世界3大広告賞の1つとされる「One Show」の受賞作品や、優秀なデジタル・キャンペーン作品を展示。会期は2012年1月12日から2月12日まで。
— ADの後に記事が続きます —

 「ONE SHOW 2011展」では、アメリカ・ニューヨークに拠点をおく非営利団体ワンクラブ(The One Club)が主催する国際広告賞「One Show」の2011年度受賞作品から、各部門併せて約120作品を展示する。また、今世紀最初の10年間(2000~2010年)を代表するデジタル・キャンペーン・ベスト10「BEST OF THE DIGITAL DECADE」を紹介。ナイキ+(ナイキ/2007年)、ユニクロック(ユニクロ/2008年)など、優れたデジタル・キャンペーンが選出されている。

 1975年、アメリカの2団体が行っていた広告賞を"ひとつ(One)"に統合し、統一した組織で運営するために非営利団体ワンクラブが設立された。約1,000名の会員には、広告界をリードするアート・ディレクターやコピーライターが名を連ねている。同団体による「One Show」は、毎年5月に世界のトップクリエイターが集い作品を審査し、クリエイター個人の技能を主眼に顕彰するという国際広告賞。多くの広告賞が、クリエイティブ・ディレクターなど、チームへの評価を主眼としているのに対し、「One Show」では、コピーライターやアート・ディレクターといった個人の技能に評価を与えている。

■「ONE SHOW 2011展」
会場:アド・ミュージアム東京
東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留
休館日:月曜日
入場料:無料
http://www.admt.jp

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング