Art

ユナイテッドアローズが住空間を提案 野村不動産と協業

Image by ユナイテッドアローズ
Image by: ユナイテッドアローズ

 ユナイテッドアローズが2月17日、野村不動産の住宅「PROUD(プラウド)」とコラボレーションすることを発表した。住空間「PROUD with UNITED ARROWS(プラウド ウィズ ユナイテッドアローズ)」を共同提案。第1弾として「プラウドタワー東雲キャナルコート」で、UAクリエイティブ・ディレクター鴨志田康人氏が手掛けたインテリアオプションを展示・販売する。

— ADの後に記事が続きます —

 UAの新たなライセンス事業としてスタートした「PROUD with UNITED ARROWS」のコンセプトは、"着心地のいい家"。着るたびに体になじみ、味わいが生まれる服に感じられる思いを、暮らしや生き方になぞらえている。ものづくりにおけるクラフトマンシップを重視してきた両社の共通点を具現化し、その人らしい固有の価値観を住空間で表現。経年深化、経年美化、フレキシビリティー、ストレスフリー、フィーリング、ユーザビリティーをキーワードに、「住まいの中の自分らしさ」を提案する。

 2012年4月頃、第三期販売を開始する「プラウドタワー東雲キャナルコート」では、UAクリエイティブ・ディレクター鴨志田康人氏監修のインテリアオプションを展開。住空間を「店頭VMDの発想、店頭での陳列・収納方法と同様である」と捉え、「収納=隠す」のではなく「ディスプレイする」という発想で空間づくりを行う。会場では、「PROUD with UNITED ARROWS」のコアコンセプトを伝えるプレゼンテーションスペースを設けるほか、インテリアオプションを展示・販売する。什器類、衣装ケース、家具類など、"見せる収納"に特化した様々な商品をラインナップ。UA店舗での展開とインテリアオプションの価格帯は、現時点で未定。

 UAは、中期事業戦略の一環として従来の事業展開に加え、空港や駅ナカ、高速道路への出店による新たな販売チャネルの開拓や、ビジネスモデルの開発による事業拡大戦略を行ってきた。2011年10月には、老舗文房具専門店「銀座・伊東屋」とのコラボレートコーナー「itoya WITH UNITED ARROWS(イトーヤ ウィズ ユナイテッドアローズ)」をオープン。2012年2月25日には、初のライセンスコーナー「WITH : UNITED ARROWS(ウィズ ユナイテッドアローズ)」の出店を予定している。

■"PROUD with UNITED ARROWS (プラウド ウィズ ユナイテッドアローズ)" 住所: プラウドタワー東雲キャナルコート  〒135-0062 東京都江東区東雲1-1-23 規模: タワー型マンション600戸 内容: 2012年4月頃第三期販売に向けてインテリアオプションの展示・販売 ※2/17(金)特設WEBサイトオープン http://www.proud-with-unitedarrows.jp

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング