Media

「痩せ過ぎモデル起用しない」VOGUE19カ国同時発表

VOGUE本誌「ザ・ヘルス・イニシアティブ」誌面セレブ見開き写真 VOGUE JPAN 2012年7月号 Photo: René Habermacher ©2012 VOGUE JAPAN. All rights reserved.
 5月3日に発表されたコンデナスト・パブリケーションズによる各国編集長19人の共同声明「ザ・ヘルス・イニシアティブ」が、世界19カ国の「VOGUE(ヴォーグ)」5月発売号の誌面で読者に向けて発表される。今後、摂食障害を抱えたモデルや16歳未満のモデルを起用しないことを決定したもの。「VOGUE JAPAN」では、冨永愛さんや山田優さんら日本を代表するビューティ・アイコン6人にフィーチャーする。

 各国編集長19人による共同声明「ザ・ヘルス・イニシアティブ」は、女性の美しいボディの理想イメージを、より健康的なものにすることを呼びかける編集方針で、アメリカのCFDA(米国ファッション協議会)とイギリスのBFC(英国ファッション協議会)が既に行っている活動を原案に発表された。「美と健康とは不可分のものである」という信念のもと、不健康なほどに痩せたモデルを見た読者が無理なダイエットをしたり、精神的にも身体的にも未成熟な若いモデルの姿を「理想のボディ」と読者が誤解することを防ぐために決定。誌面で健康的なボディ・イメージを促進するほか、ファッションショーのバックステージや撮影の現場などでのモデルの食環境などに関しても支援するという。

 「ザ・ヘルス・イニシアティブ」に伴い「VOGUE JAPAN」では、健康的なライフスタイルの一環としてよい食習慣を持った女性の美をフィーチャー。5月発売号では、世界的に活躍するモデル冨永愛さんやダンスで鍛えた健康的なボディを持つ山田優さんの他、SHIHOさん、道端ジェシカさん、長谷川理恵さん、森理世さんの6名を起用。実際の食生活や、食と健康に対する意識などを探っている。

■ザ・ヘルス・イニシアティブ

1.私たちは、16 歳未満であることがわかっているモデル、あるいは摂食障害のように見えるモデルを起用しません。私たちは自らの見解に基づき、健康的であり、健康的なボディ・イメージを推進すると思われるモデルを起用します。

2.私たちは、故意に16 歳未満のモデルをファッション撮影の現場へ送り込むことのないようエージェントに申し入れるとともに、撮影、ファッションショウ、広告キャンペーンのキャスティングをする際には、モデルの身分証明書によって年齢を確認するよう各キャスティング担当者に依頼します。

3.私たちは、よりキャリアを重ねたモデルたちが若い世代の女性たちにアドバイスをしたり、指導したりすることができるような指導教育プログラムの構築を支援し、CFDA が提唱してきたザ・ヘルス・イニシアティブを見習い、教育を通じてファッション業界全体の意識向上に力を尽くします。

4.私たちは、プロデューサーたちに対し、ヘルシーなケータリングメニューやプライバシーの尊重など、バックステージにおける健康的な労働条件の創出を推奨します。また、キャスティングエージェントたちには、モデルを不当に遅くまで拘束しないよう求めます。

5.私たちは、撮影においてその服を着ることができる女性の範囲を極端に狭めてしまい、結果として、痩せすぎモデルの起用を余儀なくされるような、非現実的なまでに小さなサンプルサイズのもたらす影響に対し、デザイナーたちに再考を促します。

6.私たちは、ヴォーグ誌面にて、またそれ以外の場所においても、健康的なボディ・イメージを促進するためのメッセージを、声を大にして伝えていきます。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング