Business

プラネットブルー日本展開開始 サンエー・インターナショナルが運営

Planet Blue マリブ店
Planet Blue マリブ店

 サンエー・インターナショナルが、ロサンゼルス発セレクトショップ「Planet Blue(プラネット・ブルー)」の日本国内における展開を開始する。「Planet Blue」の運営元であるLing-Su Chinn Inc.社(LSC社)との合弁会社を設立し、2013年春夏シーズンからの出店を目指す。米国現地で展開される商品のほか日本限定のアパレルラインも登場するという。

 合弁会社プラネット・ブルー ジャパン(仮称)は、サンエー・インターナショナル8割とLSC社2割の出資により設立。「大人向けや海外のセレクトショップ業態に対するニーズが高まる中で、LAファッションをより洗練させたマリブ・スタイルの火付け役である『Planet Blue』と協業することにより、今までにないリッチ感のあるカジュアルライフスタイル提案型のストアを運営し、新しい市場の創造を目指す」と設立理由を説明している。今後は、高感度商業施設に出店するとともにEC販売にも注力。セレクトやオリジナルの商品に加え日本限定ラインを展開し、同時にライフスタイル分野の商品も充実させることで高度なミックスマーチャンダイジングを実現するとしている。

 「Planet Blue」は、シャローン・ストーンやニコール・リッチーなどLAセレブが通うセレクトショップとして評判が高いライフスタイルセレクトショップ。1995年にカルフォルニア州マリブに1号店をオープンし、現在ではサンタモニカ、ヴェニス、ビバリーヒルズなどに6店舗を展開。「モダン・ボヘミアン」をテーマに 、マリブスタイルのウェアや生活雑貨を幅広く揃える。2009年に日本に初上陸し、「FREE'S SHOP(フリーズ ショップ)」の渋谷店と心斎橋店に期間限定店をオープン。2012年4月にも伊勢丹に1週間限定のポップアップストアを出店したほか、5月には「FREE'S SHOP」全店にコーナーを設けるなど日本への本格上陸を準備していた。

■合弁会社の概要 商号:株式会社プラネット・ブルー ジャパン(仮称) 代表者:(未定) 決算期:2月末日 資本金:100百万円(予定) 株主構成:サンエー・インターナショナル80%、LSC社20%

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング