Media

女性誌が小型化?AneCanやOggiからバッグサイズ登場

左;美的2月号、右:AneCan1月号 Image by FASHIONSNAP
左;美的2月号、右:AneCan1月号
Image by: FASHIONSNAP

 小学館が発行するファッション誌「AneCan(アネキャン)」「Oggi(オッジ)」と美容誌「美的」から、B5調の「バッグサイズ」が相次いで登場した。内容や定価はA4調の通常サイズと同じながらサイズだけを縮小し、通常版と同時発売されている。

— ADの後に記事が続きます —

 小学館はゴールデンウィーク中の今年5月1日、「Domani(ドマーニ)」6月号で先駆けてバッグサイズを増刊。比較的荷物が多い働く女性に向けた新企画として登場し、通常サイズとの同時発行は日本の雑誌界初の試みで話題になった。続いて12月に入って今回の3誌でバッグサイズを増刊。通勤のほか、帰省など遠出が増えるこの時期に小型版を発行することで旅行時の携帯や「美的」では"半身浴のお供に"と用途を提案している。

 A5サイズの雑誌はもともと「ELLE girl(エル・ガール)」や「CHOKiCHOKi girls(チョキチョキガールズ)」が発行しているが、小学館以外では今年ストリート編集部発行の「FRUiTS(フルーツ)」がサイズを変更。今年は「日経MJヒット商品番付」に「7インチタブレット(多機能携帯端末)」が西の横綱に選出されるなど電子書籍を利用しやすい環境が加速する中で「雑誌を携帯する」という概念もさらに一般化し、サイズ変更や小型版の増刊が相次いでいるようだ。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング