Art

デザインオフィス「ネンド」北欧テーマに大塚家具とコラボショップ出店

EDITION BLUE 売場イメージ
EDITION BLUE 売場イメージ
Image by: EDITION BLUE
 大塚家具とデザインオフィスnendo(ネンド)がコラボレートして、北欧をテーマにしたセレクトショップ「EDITION BLUE(エディションブルー)」を4月5日にIDC大塚家具新宿ショールーム内にオープンする。「洋服を選ぶようにインテリアを選ぶ」をコンセプトに、軸となる北欧スタイルにイタリアン・モダンやヴィンテージなどをセレクトした家具や照明、雑貨などが並ぶ。オープンにあわせ、nendo代表の佐藤オオキ氏が日本で唯一の曲木家具専門ブランド「秋田木工」の定番モデルをリデザインした新作オリジナル家具も発売予定。
 

 約300平方メートルの売場は北欧をイメージし、「インテリア選びを新しいプロセスで楽しめるよう」にブルーと白を基調に明るい床材で開放感ある空間に仕上げられている。佐藤氏のアイデアに基づき「家具を少しずつ育てるという感覚」を導入し、ライフステージの時系列ごとにブースを3ステップに分けた体験スペースを設ける。

 「EDITION BLUE」のオリジナル商品として発売される新作家具は、秋田木工の特徴である長く親しまれるデザインを佐藤氏がブラッシュアップし、現代のライフスタイルに沿ったシンプルなディテールを加えた商品を展開。ロングセラーモデル「No.508」の装飾的なカーブがかかった前脚をストレートに変更したチェアや、背の上部に全7色の淡いカラーペイントを施したブナ材製の椅子などがラインナップする。

■EDITION BLUE(IDC大塚家具新宿ショールーム1F)
 オープン日:2013年4月5日(金)
 住所:東京都新宿区新宿 3-33-1
 電話:03-5379-4321
 営業時間:10:30~20:00
 定休日:無休(年末年始を除く)

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング