Art

初音ミクの限定カフェ初公開 六本木ヒルズ展望台にオープン

Update:
【6/14追加】開催期間が6月27日まで延長
miku café 中央ステージの等身大フィギュア ※29日から展示 Image by FASHIONSNAP
miku café 中央ステージの等身大フィギュア ※29日から展示
Image by: FASHIONSNAP

 六本木ヒルズ・森タワー52階の東京シティビューで4月25日、初音ミク仕様の「miku café」がオープンに先駆けて公開された。森美術館10周年記念展「LOVE展:アートにみる愛のかたち」の関連イベント。クリエイターによるイラスト作品や人気楽曲の動画が展示される店内で、初音ミクからイメージされたフードや楽曲をモチーフにしたカクテルなどが提供される。期間は4月26日から6月16日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 「miku café」のテーマは「初音ミク with LOVE」。「LOVE展:アートにみる愛のかたち」を主催する森美術館は、現代の愛のかたちの象徴として初音ミクを起用し、メインビジュアルには村上ゆいちが今回のために描き下ろした作品が使用されている。30テーブル程度の店内は、モニターや16台のタブレット視聴コーナーを用意し、中央横のスクリーンではVOCALOID CINEMA PARTYで上映された動画の一部をプロジェクターで投影するなど、初音ミクならではの演出を用いる。29日からは等身大フィギュアも展示予定。メニューの開発はレストラン「MADO LOUNGE(マドラウンジ)」のシェフが手がけ、パスタを長ネギで緑に着色するなど初音ミクの世界観を見た目から演出。また、「千本桜チップス」や「メルト 溶けてしまいそうなホットケーキ」、カクテル「Ievan Polkka」のように人気楽曲をイメージした限定メニューも展開される。

 「miku café」のスタートと同日には、森美術館で「LOVE展:アートにみる愛のかたち」が開催予定。20世紀を代表する巨匠Marc Chagall(マルク・シャガール)から精力的な活動を続ける草間彌生まで、多様なアーティストの作品約100点が集結する。

 

■miku café  期間:2013年4月26日(金)~6月16日(日)  営業時間:11:00~23:00(LO.22:00)※ドリンクLO.22:30  場所:東京シティビュー内マドラウンジスパイス(六本木ヒルズ 森タワー52階)  料金:要展望台入館料(一般1,500円、学生1,000円、子供500円)が必要  協力:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社  http://www.miku-tcv.com/

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング