btrax

日本人がアメリカの職場で感じた10の企業文化の違い

btrax

サンフランシスコ発デザイン会社の公式ブログ

フォローする:

「グローバル」という言葉がそこかしこで使われるようになり、日本企業でも社内の英語化や外国人採用などが積極的に進められるようになってきた。ここサンフランシスコでも、日本生まれの製品やサービスなどが根付き始め、多国籍チームで成功を手にする例は少なくない。その一方で、よくも悪くも日本に根付く企業文化や風土、慣習の中には、外国の方からすると受け入れにくいものも存在する。これによるストレスは、仕事効率を低下させたり、職場の雰囲気を悪化させたりする原因ともなり得る。お互いの価値観を尊重し、違いを理解することは、チームの成功のためには必要不可欠である。

以下の文章は、日本企業で働いた後btrax社のサンフランシスコ本社へやってきたスタッフによるものである。言語やジェスチャーといった目に見える違いの裏には、企業の文化や慣習による内面的な差異も存在する。「グローバル」の壁を乗り越え、互いを高め合える職場環境づくりのためにお役立ていただければ幸いである。

日本とアメリカの企業文化の違い
私は大学を卒業した後、日本国内のいわゆる大企業で4年間を過ごし、その後アメリカに渡ってきた。日本で就活をしたときは、まわりの友人と同じように「大企業志向」を貫き就職先を決めた。でもいまは、アメリカ企業やサンフランシスコのITコミュニティの中で、そのスピードを感じながら働いている。アメリカで仕事を始めてから6か月が経ち、こちらでの企業文化や仕事環境と日本企業との違いに気づき始めた。日本とアメリカで私が経験した、双方のビジネス文化を比較してみる。


1. 意思決定のスピード


"決断の速さはアメリカに軍配"


breex_20130624_1.jpg


2. 個人とグループ責任


"スピード感を作りだす個人のリーダーシップ"

breex_20130624_2.jpg


3. 結果と過程の評価


"徹底成果主義のアメリカとプロセス重視の日本"


breex_20130624_3.jpg


4. リスク管理


"自信満々に「できます!」って言うけれど"


breex_20130624_4.jpg


5. チーム構成とコミュニケーション


"ホウレンソウは世界共通"


breex_20130624_5.jpg


6. グループワーク


"三人よれば文殊の知恵?"


breex_20130624_6.jpg


7. 会議の形態


"テクノロジーの導入には寛容か"


breex_20130624_7.jpg


8. 組織の体制


"アウトプットを意識したオフィスの配置"


breex_20130624_8.jpg


9. 転職/勤続と退職金制度


"いくつもの社を渡り歩く:その心は..."


breex_20130624_9.jpg


10. ライフワークバランス


"私と仕事どっちが大事なの?"


breex_20130624_10.jpg


記事の原文はこちらから:10 Cultural Contrasts between US and Japanese Companies - A Personal View

まとめ
このように、日本とアメリカの間だけでもたくさんの違いがあることがお分かりいただけただろう。企業の種類は多岐に渡り、単純に一般化することはできないが、それだけにお互いをきちんと理解することは容易ではない。一方で、強大な国家に生まれ、世界共通言語とされる英語を母国語として育ったアメリカ人たちに、日本の価値観を押売りすることも得策とは云えない。異文化理解および多国籍チーム成功のためには、個人の価値観で「違い」をはねつけるのではなく、正否をつけること無く素直に受け入れることが大切だと思う。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング