Art

札幌の新複合ビル内商業エリア「赤れんが テラス」出店27テナント発表

地下一階エントランスイメージ Image by 三井不動産/日本郵便
地下一階エントランスイメージ
Image by: 三井不動産/日本郵便

 三井不動産と日本郵便が5月26日、札幌市中央区で建設している「札幌三井JPビルディング」内の商業施設「赤れんが テラス」に出店する全27店舗を発表した。YOSHIMIなど北海道を代表する名店の新業態やエリア初出店の飲食テナントを中心に構成。展望エリア含めて5つのテラスを設けるなど、「新しい感性と出会う、札幌の中庭」をコンセプトに、自然を感じながら憩える施設を提案するという。オープン予定日は8月28日。

— ADの後に記事が続きます —

 「赤れんが テラス」は地下1階から5階まで約5,500平方メートルの敷地内に、北海道初出店の5店舗、新業態12店舖含めた27店舗が出店。ウエディングパーティーにも対応する「リストランテ イル・チェントロ ひらまつ」や音楽・本・食が融合したブルーノート東京の新スタイルカフェ・レストラン「Brooklyn Parlor SAPPORO(ブルックリンパーラーサッポロ)」の高感度店舗から、野菜料理とパンケーキデザートが有名なYOSHIMIの新業態「YOSHIMI CAFE(ヨシミ カフェ)」や函館の名店として知られる「ペシェ・ミニョン」が新たに展開するカフェ・レストラン「Péché Grand(ペシェ グラン)」など北海道の魅力を発信する新店舗、夜はアルコールも提供するダイニングスタイルのフードコート「バルテラス」(3階)まで、バリエーション豊かなテナントが揃う。

 「赤れんが テラス」では心地の良い空間づくりを重視し、北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)や札幌市北3条広場、札幌駅前地下歩行空間の「チ・カ・ホ」など、周辺と一体となった環境整備を推進。4階を除いた各階にテラスを設け、特に5階の「展望テラス」は赤れんが庁舎が一望できる空間にする。煉瓦や木材を多用した内装デザインは、「東京ミッドタウン」や「三井アウトレットパーク札幌北広島」などを手がける清水卓氏が担当した。


■札幌の新複合ビル 商業施設名称は「赤れんが テラス」
 /news/2014-04-26/sapporo-akarenga/

■札幌に新複合施設「(仮称)札幌三井JPビルディング」2014年夏開業へ
 /news/2012-04-27/sapporo-jp-building/

■札幌三井JPビルディング  所在地:北海道札幌市中央区北2条西4丁目  交通:JR「札幌」駅徒歩4分、地下鉄南北線「さっぽろ」駅徒歩2分、地下鉄東西線「大通」駅徒歩5分  敷地面積:約5,500㎡  延床面積:約68,000㎡  主要用途:事務所(6階~19階)約25,200㎡ (賃貸面積):商業(地下1階~4階)約8,500㎡  構造:鉄骨造 一部鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造  階数:地上20階 地下3階  建物高さ:約100m  駐車台数:約250台  竣工:2014年8月1日予定  商業オープン:2014年8月28日予定 http://mi-mo.jp/akatera/

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング