Art

日本初上陸の自然派ポップコーン「Doc Popcorn」公開 年内に2号店オープンも

店内
Image by: Fashionsnap.com
 米国発「Doc Popcorn(ドックポップコーン)」の日本1号店が、5月31日のオープンに先駆けて公開された。本国の店舗同様にイエローとグリーンで彩った店内では、自然派食材で調理した8種類以上のフレーバーを提供。日本初上陸にあわせて、創業者のRob IsraelとRenée Illyse Israelが来日した。

 コロラド州デンバーで2003年に誕生した「Doc Popcorn」は、ポップコーン専門店のフランチャイズ業態では世界最大という88店舗を3ヶ国で展開(2014年5月現在)。Rob Israelが「自分の子どもたちのために、ヘルシーで軽いテイストのフードを作りたかった」と言うように、商品にはトランス脂肪酸ゼロのコーンオイルを使用し、人工着色料と甘味料はフリーで、各フレーバーのバター使用量も低く抑えている。新鮮さにもこだわり、店内に併設された調理場で製造後は2〜3時間以内で提供するように努めているという。今回進出する日本国内では、原宿店のオープンに続いて、半年以内には2号店の出店を計画。本国では数カ所で展開しているというカート型の移動販売店舗も含めて、早期に10店舗規模まで拡大させる。日本でのビジネスを足がかりに、アジア他国への進出も検討していくという。

 日本1号店は東急プラザ表参道原宿の裏通りに位置し、オープン時は「トリプルホワイトチェダー」と「キャラメルブリス」、両フレーバーを混ぜ合わせた「デンバーミックス」、「チージーチェダー」、アップルパイのような風味の「アップルクリスプ」、「クラシックケトル」、本国では人気ナンバー1の「ベターバター」、「スイートバター」のフレーバー8種を提供。6月下旬には「ソルト&ペッパー」も発売予定で、順次新しいフレーバーを追加していく。容器は袋と缶の2種類で、袋の場合は「持ち帰り」ではなく「その場で食べる」ことをスタッフに告げるとポップコーンを山盛りにして提供。海外発ポップコーン専門店が複数進出する原宿で、ポップコーンの食べ歩きスタイルを提案するという。缶は1ガロンの他にパーティーサイズの3.5ガロンも用意し、好みのフレーバー3種を詰め合わせることができる。

■Doc Popcorn 原宿店 ※2014年5月31日(土)オープン
 住所:東京都渋谷区神宮前4-31-6 吉野ビル1階
 電話番号:03‐6438‐9041
 営業時間:10:00 ~ 21:00
 定休日:年中無休 (年末年始を除く)

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング