Art

一杯1,850円 スターバックスが希少ゲイシャ種のコーヒー限定販売

パナマ アウロマール ゲイシャ

 スターバックス コーヒー ジャパンが、希少なパナマ産ゲイシャ種のコーヒー 「パナマ アウロマール ゲイシャ」の販売を9月17日から限定店舗で開始する。ショートサイズのみで一杯1,650円〜1,850円(税抜)と高額。

 高品質のアラビカ種コーヒー豆のみを使用している「スターバックス」では、特に希少性が高く個性豊かな風味を持つコーヒー「スターバックス リザーブ®」を期間・店舗・数量限定で提供している。ラインナップに新たに加わるパナマ産ゲイシャ種のコーヒーは、栽培が難しく収穫量が僅かなため世界的にも希少なゲイシャ種のなかでも、コーヒー愛好家の間で熱烈に支持されている品種。ラ アウロラ農園で栽培・収穫された「パナマ アウロマール ゲイシャ」は、ジャスミンを思わせる香りと、スイートネクタリンやパッションフルーツのようなエレガントな風味が特徴だという。

 「スターバックス」では、過去にもゲイシャ種を取り扱ったことがあるが、さらに希少性の高いパナマ産ゲイシャの販売は初めて。「スターバックス リザーブ®」を取り扱う全国48店舗で販売される。淹れる器具によって価格が異なり、コーヒーメーカー「クローバー」では一杯1,850円、「コーヒープレス」では一杯1,650円。コーヒー豆は250グラム1万円(税抜)で販売される。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング