Art

スタイリスト古田ひろひこの新ショートフィルム「CLIENT:SERVER」原宿で発表へ

ロゴ
ロゴ
Image by: チェルシーフィルムズ

 藤木直人や板谷由夏を担当するスタイリスト古田ひろひこが、ショートフィルム「CLIENT:SERVER(クライアント:サーバー)」を制作した。同氏はスタイリスト業に加えて映画監督としても活動しており、今回の新作完成を記念して、原宿で10月4日に上映会を開催する。

— ADの後に記事が続きます —

 「CLIENT:SERVER」は、同級生の2人の男女、ミツコ(石橋けい)とマモル(西村元貴)が弔問で10年ぶりに偶然再会したことをきっかけに、「死んだらどこへ行くのだろうか」という問いから自分を見つめ直していくストーリー。上映会は、映画祭受賞歴のある「2DK」(2011年)と「low tea」(2013年)を含む計3本立てで原宿のレンタルシアターCAPSULE(カプセル)を会場に行われる。

 古田ひろひこは、楠岡賢一と祐真朋樹に師事し1991年に独立。2001年に自身の会社チェルシーフィルムズを立ち上げ、2007年にウェブマガジン「CHELMUG」を創刊、2009年に自著「台本 ヒロリーランド」を発行するなど、ファッションと映画業界の両側面から精力的に活動中。ファッション誌編集部で格付けし合う女たち「マウンティング女子」の姿を描いたドラマ「ファースト・クラス」で編集長役を演じた、板谷由夏の夫としても知られる。

■CLIENT:SERVER 完成披露上映会
 会期:2014年10月4日(土)13時~20時
 ※最終上映は19時頃の予定
 料金:1,000円
 場所:CAPSULE(東京都渋谷区神宮前2-27-3 ハウス神宮前1F)
 http://www.chelseafilms.co.jp/

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング