Beauty

スイス発スタドラフォーム、水要らずのアロマディフューザーを発売

新アロマディフューザー「Lea(レア)」
新アロマディフューザー「Lea(レア)」
Image by: Fashionsnap.com

 スイス発のライフスタイルブランド「Stadler Form(スタドラフォーム)」が、新アロマディフューザー「Lea(レア)」を発売する。水を使わずオイルのみでアロマを焚くタイプのモデルで、充電式電池を採用しポータブルにも対応。4色のカラー展開で、日本では12月中旬に大手百貨店を中心に販売を開始する。

 

 スイスのデザインスタジオ「BERNHARD | BURKARD」がデザインを手がけた「Lea」は、「女性」を意識したフォルムが特徴。大きさは直径6センチメートル、高さ約20センチ、重さ298グラムで、軽量で持ち運びしやすいように設計されている。通常のアロマディフューザーとは異なる「オイルのみで焚く」機能は、水を使わないことで湯気が立たず、オイルが持つピュアな香りを楽しめるという。本体には「連続運転モード」と「インターバルモード」のほか、明るさを感知し電源を切り替える「デイライトモード」の3つのモードを搭載。ポータブルにも対応し、充電式乾電池に加えてパソコンなどに繋げられるUSBケーブルが含まれる。本体のカラーはホワイト、ブラック、ベリー、メタルの4色を用意し、価格は9,800円(税別)で販売される。

 香りは、好みのオイルを入れられる空のボトルが付属するほか、別売りのエッセンシャルオイルも展開。さわやかな香りの「REFRESH(リフレッシュ)」、スッキリした香りの「REVIVE(リバイブ)」、甘い香りの「RELAX(リラックス)」の3種類のブレンドオイルを各2,100円で発売する。さらに、オレンジやユーカリ、レモン、ペパーミント、ティーツリー、グレープフルーツ、ヒノキ、ラベンダーの8種類のフレグランスを、800円〜1,300円の価格帯でリーズナブルに揃える。

 「Stadler Form」は、スイスの中心部であるツーク州に所在。家庭用器具をメインに、カラフルで楽しいライフスタイルを充実させるデザインプロダクトを提供している。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング