Art

フリーペーパー専門店が休業から1年経て復活 東小金井に11月オープン

「ONLY FREE PAPER」の店舗が復活(写真は2011年2月に撮影したキャットストリート店) Image by Fashionsnap.com
「ONLY FREE PAPER」の店舗が復活(写真は2011年2月に撮影したキャットストリート店)
Image by: Fashionsnap.com

 世界初のフリーペーパー専門店「ONLY FREE PAPER(オンリーフリーペーパー)」の店舗が、コミュニティステーション東小金井のヒガコプレイス内にオープンする。2013年8月に渋谷パルコの店舗休業から約1年を経て復活となり、オープン日は11月1日を予定している。

 店舗は、JR中央ラインモールによるまちおこし推進プロジェクト「ののわプロジェクト」を契機に小金井市に出店。以前店舗を展開していた渋谷とは性質が異なる場所を選んだ理由として、地域の特色を活かしたまちづくりで新しいモノを生み出していく「チャレンジ精神」に「ONLY FREE PAPER」との親和性を感じたといい、オーナーの松江健介は「ののわのギアのような場所にしていきたい」とコメントしている。

 ライブラリー機能を特徴とするヒガコプレイス店では、これまで扱っていたフリーペーパーをはじめとしたアーカイブスペースを構成。軽い飲食も可能で、フリーペーパーとともに快適な時間を過ごせる空間を提供する。今後は営業していく中で様々な「仕掛け」を設置していくほか、「地域で暮らし、地域で営む」をテーマにしたイベントの実施を予定。出店先の「コミュニティステーション東小金井」は、コミュニティ共創型商業施設として同日に開業する。

 「ONLY FREE PAPER」は、紙媒体の魅力を発信する「モノを売らない実店舗」として、2010年12月に渋谷キャットストリートで開業。2013年8月に閉店し、現在は「スペース」として営業を継続している。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング