Media

米国発のカルチャー誌「HUMAN BEING JOURNAL」の日本版創刊

HUMAN BEING JOURNAL
Image by: ネコ・パブリッシング

 ネコ・パブリッシングがアメリカ、バージニア州リッチモンドのセレクトショップNeed Supply Co.が発行するカルチャー誌「HUMAN BEING JOURNAL」の日本版「HUMAN BEING JOURNAL JAPAN」を今日創刊した。年に2、3回発行しているカルチャー雑誌で、日本版の1号目は「HUMAN BEING JOURNAL JAPAN EDITION 1」と題し、アーティスト、ラファエル・ローゼンダールのインタビューなどを掲載。創刊を記念し、Need Supply Co.のCEOやクリエイティブ・ディレクターが来日するトークイベントが開催される。

— ADの後に記事が続きます —

 「HUMAN BEING JOURNAL」では、「日常の一歩先をキリトル」をコンセプトにデザイン、ファッション、食事など、日常にある創造性と遊び心のある幅広いカルチャーにフォーカス。これまでに発行した4冊では、日本、アイスランド、ニカラグア、南アフリカを特集し、陶芸品、養蜂、カキ、農業、釜火で焼くパン、オーガニックの種、バイクポロといった様々なジャンルのカルチャーを紹介。ワン・アンド・オンリーな写真やイラストレーションを使ったポップなエディトリアルデザインが特徴だ。

 「HUMAN BEING JOURNAL JAPAN EDITION 1」では、アーキテクトの未来について語ったチュニジアの気鋭建築家の記事やコンセプチュアルな服作りを得意とする「Apiece Apart」のインタビューなどを掲載。価格は1,500円(税抜)で、雑誌ができるまでの経緯や会社設立などについて語るトークイベントが渋谷パルコブックセンターなどで開催される。

■創刊記念イベント
11月7日(金)19:00〜 パルコブックセンター渋谷
11月8日(土)13:00〜 TSUTAYA TOKYO ROPPONGI
11月9日(日)19:00〜 代官山 蔦屋書店

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング