Art

巨大なおじさんの顔が宇都宮市内の空に 若手アーティストが作品発表へ

「おじさんの顔が空に浮かぶ日」イメージ
Image by: KAMAGAWA POCKET

 現代芸術活動チーム 目【め】と宇都宮美術館が、おじさんの顔を空に浮かべる巨大アートを披露する。会場は栃木県宇都宮市で、モデルは市内で公募した218名の中から1名を起用。イベントは12月13日と20日の2日間で実施される。

 宇都宮美術館の館外プロジェクト「おじさんの顔が空に浮かぶ日」は、目【め】のアーティスト 荒神明香が中学校の時に見た夢を再現。モデルは、2013年に市内の商店街ユニオン通りの一角に設置された「顔収集センター」に集まった候補者から会議を重ねて選出。作品は縦約15メートル、横幅約10メートルの大きさに写真を転写し、2ヶ月間の制作期間で67万粒の粒子が描かれた。イベントは「顔を風景のなかで見る」というコンセプトのもと、12月13日は道場宿緑地、20日は錦地区で行い、田舎と街中の違った風景で作品を楽しめるロケーションを計画。目【め】のディレクター 南川憲二は「アートに詳しい人が見に来るような環境ではなく、どうしても見えてしまうようなシチュエーションのなかで作品を発表したかった」という。ホームページでは、プロジェクトに参加した約20名の「顔あげ隊」が推奨する視点予想ポイントを含む会場マップが掲載されている。

 荒神明香、南川憲二、増井宏文の3名による目【め】は、2012年より荒神明香のアイデアを実現させるクリエイティブチームとして活動を開始。2014年には資生堂ギャラリーで「たよりない現実、この世界の在りか」展を開催した。

■おじさんの顔が空に浮かぶ日
12月13日(土)15:00~19:00 宇都宮市・道場宿緑地
12月20日(土)15:00~19:00 宇都宮市・錦地区
中止・延期についてはFacebookおよびTwitterで発表

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング