Art

ポンピドゥー・センター・メスとエルメス財団による初の共同企画展が日本を巡回

 改修工事を発表した森美術館が、リニューアルオープン初日の2015年4月25日から展覧会「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」を開催する。ポンピドゥー・センター・メスの開館4周年を記念してエルメス財団とコラボレーションした初の企画展で、日本への巡回が決定。森美術館のために展示を新たに編集し直し、日本展限定の作品や新作を含む「シンプルなかたち」を持つ約130点の作品を披露する。会期は7月5日まで。

アンリ・マティス 《「ジャズ」9 形態》 / 1947年 / ステンシル、紙 / 40.8 x 57.7 cm / 所蔵:神奈川県立近代美術館 Image by MORI ART MUSEUM
アンリ・マティス 《「ジャズ」9 形態》 / 1947年 / ステンシル、紙 / 40.8 x 57.7 cm / 所蔵:神奈川県立近代美術館
Image by: MORI ART MUSEUM
— ADの後に記事が続きます —

 展覧会「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」では、美学が再認識され工業製品や建築デザインにも影響を与えた「シンプルなかたち」にフィーチャー。近代美術だけではなく、自然の中や世界各国のプリミティブアート、民族芸術などに体現している「シンプルなかたち」を集め、会場内を9つのセクションで構成する。日本展限定作品では、仙厓(せんがい)の円相図や円空仏、長次郎の黒樂茶碗、二月堂の根来のお盆といった日本の伝統作品が登場。グザヴィエ・ヴェイヤンやエマニュエル・ソルニエ、大巻伸嗣といった日仏の現代アーティストたちは今回のために森美術館の広い空間を活かした大型の新作インスタレーションを発表するほか、田中信行や黒田泰蔵も新作を公開する。

■シンプルなかたち展:美はどこからくるのか
会場:森美術館(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階)
開館時間:10:00〜22:00/火 10:00〜17:00
※ただし5月5日(火・祝)は22:00まで ※いずれも入館は閉館時間の30分前まで ※会期中無休
入館料(税込):
 一般1,500円
 学生(高校・大学生)1,000円
 子供(4歳〜中学生)500円

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング