Art

ギャラリーと若手アーティストのマッチングサイト「G current」公開

G current トップページより
G current トップページより

 日本のトップギャラリーが参加するオンラインプラットフォーム「G current(ジーカレント)」が、1月12日にオープンした。アートに特化しGoogle+を活用して運営されるマッチングサイトで、本格始動は来春を予定。スタート時は12のギャラリーが登録されている。

— ADの後に記事が続きます —

 「ジーカレント」は、現代美術作品を扱うギャラリーと、アーティスト志望者をつなぐマッチングサイト。全国の美大生や美大卒業生、また専門学生らは、「ジーカレント」のコミュニティに参加すると、絵画や写真、ビデオなどの様々な作品を投稿することができる。それらの作品はリアルタイムで鑑賞することができ、ギャラリー側は若手アーティストの発掘に役立てる。

 参加ギャラリーは、村上隆や奈良美智を世界に輩出した事で知られる小山登美夫ギャラリー、草間彌生を取り扱うオオタファインアーツ、会田誠が所属するミヅマアートギャラリー、若手美術集団Chim↑Pom(チンポム)が所属する無人島プロダクションなど。最新の展覧会や、ギャラリーに所属している作家の最新情報も集積される。

■G current:https://www.g-current.com/

■参加ギャラリー(2015年1月現在)
ARATANIURANO、HAGIWARA PROJECTS、KAYOKOYUKI、Kodama Gallery、MISAKO & ROSEN、無人島プロダクション、MIZUMA ART GALLERY、nca | nichido contemporary art、OTA FINE ARTS、TARO NASU、Tomio Koyama Gallery、山本現代(12ギャラリー)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング