Art

ネンドの佐藤オオキがスシロー新業態「ツマミグイ」をデザイン 1月末開業

Update:

【更新】2015年10月18日をもって一時休業。業態変換し、「七海の幸 鮨陽」として11月16日にリニューアルオープンした。

【1月26日】店内画像を追加。オープン日が1月29日に決定。体験レポはこちら

新業態「ツマミグイ」の外観パース
Image by: nendo

 あきんどスシローの新業態「ツマミグイ」が1月末、中目黒にオープンする。女性が一人でも入れる「回らない」寿司屋を展開し、デザインオフィス「ネンド(nendo)」の佐藤オオキが店名からロゴ、グラフィック、食器、制服、インテリアまでトータルにデザインを手掛けている。

— ADの後に記事が続きます —

 「ツマミグイ」は、中目黒駅から徒歩5分の場所に立地。店名は、「好きなものを、好きな量だけ、好きなタイミングで食べられる」ことこそ究極の贅沢であるという考えから由来している。ロゴは「つまむ」感覚をモチーフに制作された。

 店内は、白や黒、ウッドを基調としたシンプルなデザイン。テーブルごとに色遣いや家具なども変えられ、寿司を楽しむシーンに合わせて選べるようにした。オーダーシステムは、タブレットを各席に配置し、ターゲット層である女性の集客を狙うためシャリやワサビの量、ネタの大きさ、タレ、トッピングなどを好みに合わせて自由にカスタマイズできる仕組みを取り入れる。さらに、店内奥には様々な料理が少量ずつ用意された円形のカウンターを設置。オーダーしながら料理を楽しめるように導入されたセルフサービスで、専用の水滴型の食器はトレイに乗せて並べると花のような形ができあがるという。女性の好みや希望に合わせた「回らない」寿司屋で、現在のスシローとの差別化を図る。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング