Art

京都初の大規模な国際現代芸術祭 1万平米の歴史空間とアートが融合

「PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015」イメージ「PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015」
「PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015」

 京都初の大規模な現代芸術の国際展「PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015」が、3月7日から開催される。京都市美術館の全館と京都府京都文化博物館をメイン会場に複数の会場と連携し、1万平方メートル以上の展示スペースを確保。5月10日までの約2ヶ月間にわたって、ウィリアム・ケントリッジやサイモン・フジワラ、アリン・ルンジャーン、ヤン・ヴォー、田中功起といった世界の第一線で活躍する作家36組が作品を発表する。

— ADの後に記事が続きます —

 「PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015」は準備に2年間を費やした大型プロジェクト。19の国と地域から作家を招聘し、京都の歴史や文化遺産、人々の暮らし方から着想を得た新作を通じて、多様な表現や思考と出会う場を提供する。また、参加作家と鑑賞者の双方を巻き込みながら10年後や20年後の文化資産に繋げ、世界に向けたアート発信のプラットフォームとして京都に根付かせることを目指す。

 展示会場は、京都市美術館と京都府京都文化博物館を中心とした京都の文化が残る空間で、美術館入り口にはやなぎみわが手掛けた巨大な移動舞台車を用意。1階の大陳列室には、蔡國強が制作した高さ15メートルを有する竹製の塔作品と京都の子どもたちによる大量のオブジェの大型コラボレーション作品が登場するほか、花見を楽しめるカフェやブックショップなど作品展示以外のスペースも設置する。明治時代の洋風建築のディテールが残っている重要文化財 京都府京都文化博物館別館では、森村泰昌とドミニク・ゴンザレス=フォルステルの作品を展示。京都芸術センターではアーノウト・ミックの映像インスタレーション作品を公開し、店舗併存集合住宅のモデル 堀川団地ではピピロッティ・リストや笹本晃、ブラント・ジュンソーによる作品を披露するなど広域にわたって展開し、馴染みある景色に変化を起こす。会期前後は映画上映やカンバセーション、ワークショップなど様々なプログラムを実施する。

■PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015
会期:2015年3月7日(土)〜5月10日(日)
休場日:月曜日(ただし、3/9、5/4は開場。京都府京都文化博物館のみ4/27は開場)
会場:京都市美術館、京都府京都文化博物館、京都芸術センター、堀川団地(上長者町棟)、鴨川デルタ(出町柳)、河原町塩小路周辺、大垣書店烏丸三条店
アーティスティック・ディレクター:河本信治(元・京都国立近代美術館学芸課長)
入場料:
 一般 1,800(1,400)円、大学生 1,200(900)円、70歳以上 1,200(900)円
 ※()内は前売り
 団体割引券 1,500円、大学生 1,000円、70歳以上 1,000円
 パスポート 6,000円、大学生 4,000円、70歳以上 4,000円

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング