Art

ブルーボトルコーヒー国内2号店の店内公開 限定フードや初のオリジナルグッズを販売

(左から)創業者のジェームス・フリーマン、創業者の妻 ケイトリン、バリスタチャンピオンのマイケル・フィリップス photo by Fashionsnap.com
(左から)創業者のジェームス・フリーマン、創業者の妻 ケイトリン、バリスタチャンピオンのマイケル・フィリップス photo by Fashionsnap.com

 米国発のコーヒーショップ「ブルーボトルコーヒー」の日本2号店が3月7日、南青山エリアにオープンする。日本初出店となった清澄白河ロースタリー&カフェに続く店舗で、限定フードメニューや初のオリジナルグッズを販売。3月5日の今日、オープンを前に関係者に向けて店内が公開された。

 

 日本における旗艦店として展開する青山カフェは、表参道駅から徒歩3分という好立地で、「カバンドズッカ(CABANE de ZUCCa)」が構える増田ビルの2階にオープン。都会でありながら緑豊かで静寂な同エリアが「ブルーボトルコーヒー」が描いていたイメージと重なったことで出店が決定したという。

 店舗の敷地面積は200平方メートル以上に及び、テラス席10席を含む約70席を用意。内装はスキーマ建築計画の長坂常氏が手掛け、創業者ジェームス・フリーマン氏の要望である「ポリッシュド(品がある)」「アルカディ(牧歌的)」の2つをキーワードにシンプルにデザインしたという。エントランスに近いスペースはビジネスパーソンが気軽に出入りできるような空間に仕上げ、店内奥はコーヒーとチャットを楽しむ人々に向けて椅子を多く設置するなど、ファッションとビジネスが共存するエリアの特徴を踏まえて設計。清澄白河ロースタリー&カフェと同様に、エスプレッソドリンクとハンドドリップコーヒーを提供するバーカウンターも配置する。

 メニューは清澄白河ロースタリー&カフェと同じドリンクとペイストリーを販売するほか、キッチンが充実している青山カフェ限定のフードとしてポーチドエッグを乗せたトーストと、塩キャラメルソースをかけたベニエをラインナップ。今後はモーニングやランチとして楽しめるようなフードメニューや、季節の野菜や果物を使った限定メニューを展開していく。また、店内に飾られているウォータードリッパーを実際に使用した水出しコーヒーも提供される。

 初となるオリジナルグッズは、キントーとのコラボレーションで開発。同社のドリンクウェア「トポ(TOPO)」のデザイナー安積伸がデザインを再構築したカップやソーサー、バッグを先行販売し、その後米国店舗でも取り扱う予定だ。

 サードウェーブコーヒーの先駆けとして知られる「ブルーボトルコーヒー」は今年2月に日本上陸。1号店のオープン時は多くの客が駆けつけたことで「驚きと喜びを感じるとともに、注目を浴びることにストレスもあった」とジェームス・フリーマン氏。「妻でペイストリーシェフのケイトリンやバリスタチャンピオンのマイケル・フィリップス氏、長坂常氏、従業員の皆さんのおかげでこのような素晴らしい店舗が生まれました」と感謝の気持ちを述べるとともに、「新店舗をオープンするということは成長していなければならない。プレッシャーはあるが、よりエクセレントを求め素晴らしいコーヒーを提供していきたい」と話している。

■ブルーボトルコーヒー 青山カフェ
住所:東京都港区南青山3-13-14 増田ビル 2F

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング