「100 歳の記憶展」Happy at Hundred for airus

Art

100歳以上の人々を撮り続けている写真家の展覧会開催

「100 歳の記憶展」Happy at Hundred for airus

 世界中の100歳以上の人々を撮り続けている写真家カルステン・トーマエレンによる日本初の展覧会「100 歳の記憶展」が、虎ノ門ヒルズで開催される。特種東海製紙株式会社が開発した高級印刷用紙の展示会「エアラス・性能と品質」内で開催。会期は4月16日から18日までの3日間。

— ADの後に記事が続きます —

 カルステン・トーマエレンはドイツ出身のアーティスト。建築写真やジャーナリズム、ポートレイトを中心に、欧州やNYで活動している。中でも100歳以上の人々をモデルにした作品は代表作で、「100歳の記憶展」ではこれまでの作品と共に、新たに日本人を被写体に撮影した新作が展示される。

 「エアラス」は紙に空間をつくりながら塗工面をムラなく仕上げることによって完成した高級印刷用紙。展示会「エアラス・性能と品質」は写真展のほか、印刷用紙のメカニズムを解析する実験スペース、6名のクリエーターが参加する「グラフィックトライアル」の3つの内容で構成されている。会場デザインを手がけるのは、毎日デザイン賞やSDA大賞を受賞したグラフィックデザイナーの廣村正彰。

■「100 歳の記憶展」Happy at Hundred for airus
開催日時:2015年4月16日(木)10:00~16:30
4月17日(金)10:00~19:00
4月18日(土)10:00~17:00
会場:虎ノ門ヒルズ4F(東京都港区虎ノ門1-23-3)
   ※「エアラス・性能と品質」内に展示
入場料:無料

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング