Art

日本初の生ブッセ専門店「アノヴァン」表参道にオープン

外観
Image by: アノヴァン

 日本初の生ブッセ専門店「アノヴァン(anovan)」が、4月6日、表参道にオープンする。"お菓子のホームラン王"で知られる「ナボナ」を製造販売する亀屋万年堂の新店舗で、6種類のフレーバーを揃える。

 亀屋万年堂は、50年以上の歴史を持つ「ナボナ」を若年層にも訴求していきたいという思いから、やわらかく軽い食感の生地と乳脂肪分48%の最高級純生クリームを組み合わせた新感覚スイーツ「生ブッセ」を開発。ターゲット層は30代前後の女性に設定し、表参道エリアで訴求する。冊子などのデザインで使用されているホワイトのドットは、生ブッセの形をイメージしているという。

 1号店となる表参道店は明治通りの一本裏を入った路地に出店。厨房を含め約60平方メートルが展開されている店内は、ウッドを基調にしたナチュラルな空間になっている。生ブッセのフレーバーはフロマージュ、プレーン、ストロベリー、抹茶、チョコレートに加えて季節限定フレーバーの6種類で、6月まではブルーベリーを限定フレーバーとして提供。価格は各税込300円で、売上目標は年間1億円を掲げる。

■アノヴァン(anovan)表参道店
住所:東京都渋谷区神宮前4-26-22 原宿Hビル1階
TEL:03-6434-7411
オープン日:2015年4月6日(月)
営業時間:11:00〜20:00

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング