Art

春のNYセントラルパークで展覧会開催 カルバン・クラインが後援

セントラル・パーク
セントラル・パーク

 カルバン・クライン(Calvin Klein)がNYのセントラルパークで開催される野外展覧会「Drifting in Daylight」のスポンサーを務めることがわかった。5月15日から6月20日の週末に開催される。

— ADの後に記事が続きます —

 展覧会は、NYのアートシーンで様々なイベントを主催してきた公的芸術機関のCreative Timeとセントラルパーク管理委員会が主催。先日、修復工事を終えたパークのノースエンドエリアに観光客を呼び込む狙いで開催される。8人のアーティストが「パークでの日常」を各自で解釈し、作品を制作。ハーラム・ミアー(Harlem Meer)やグレート・ヒル(Great Hill)、コンサバトリーガーデン(Conservatory Gardens)などノースエリアの名所に誘うように8作品が展示されるという。

 カルバン・クラインの最高マーケティング責任者メリサ・ ゴールディ(Melisa Goldie)は「セントラルパーク管理委員会の35周年に際し、世界でも有数の美しい公園内で素晴らしい展覧会のサポートができることをを楽しみにしています」とコメント。また、「カルバン・クライン コレクション(Calvin Klein Collection)」のウィメンズ・クリエイティブ・ディレクターで先日、ルピタ・ニョンゴのアカデミー賞でのドレスをデザインしたフランシスコ・コスタ(Francisco Costa)と、今年1月に「第1回ファッション・ロサンゼルス賞」を受賞した、メンズ・クリエイティブ・ディレクターのイタロ・ズッケーリ(Italo Zucchelli)は5月14日の除幕式で完全招待制のディナーを主催する予定。

■ Drifting in Daylight
 場所:セントラルパーク、ノースエンド
 会期:2015年5月15日〜6月20日の金曜〜日曜
 時間:12:00〜18:00
 公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング