Art

「ギュスターヴ ヒグチユウコ」が大阪に限定出店 ギャラリースペースも

イメージ Image by ギュスターヴ ヒグチユウコ
イメージ
Image by: ギュスターヴ ヒグチユウコ

 今年1月にデビューした画家ヒグチユウコのオリジナルブランド「ギュスターヴ ヒグチユウコ(GUSTAVE higuchiyuko)」が、関西に進出する。阪急うめだ本店にポップアップショップを初出店し、特別企画として作品を販売するギャラリースペースも設ける。期間は4月29日~5月5日。

— ADの後に記事が続きます —

 大きな反響を呼んだという伊勢丹新宿店でのポップアップショップに続いて、阪急うめだ本店では1階のメインステージ「コトコトステージ11」にポップアップショップをオープン。インテリアグッズの新作・新柄をはじめ、カーテンやランプシェード、クッション、ラグ、ソファ、カップ&ソーサー、絵皿、バスタオル、ハンカチ、傘、スリッポンなど多数のアイテムを取り扱う。期間中は商品の販売に加えて、ファッションフォトブック「Palm maison vol.13」に掲載されている、ヒグチユウコが妖精事件をテーマにディレクションした「Homage to The Cottingley Fairies」を表現した作品も展示。ベア作家の今井昌代、木彫きのこ作家の小島秋彦も出展する特別なギャラリースペースが登場する。

■GUSTAVE higuchiyuko LABO ~ヒグチユウコ 妖精の足跡~
 会場:阪急うめだ本店 1F コトコトステージ11
 会期:2015年4月29日(水)~5月5日(火)
 公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング