Art

ネクストブームはコンブチャ? 次世代のヘルシードリンクが初上陸

初上陸する「コンブチャ ワンダードリンク」
Image by: Fashionsnap.com

 紅茶やウーロン茶を発酵させた「コンブチャ」が、全米やヨーロッパのヘルシー志向が強い人々から注目を集めている。米誌「BEVERAGE WORLD」によると、2013年にはアメリカでのコンブチャの売上げが前年比300%と急成長しており、マドンナやミランダ・カー、リンジー・ローハンら海外セレブの間でも愛飲者が増えているという。日本ではオーガニックコンブチャブランド「コンブチャ ワンダードリンク」の初上陸が決定。世界初となる缶入りの炭酸飲料が6月に発売される。

— ADの後に記事が続きます —

 コンブチャは、紅茶やウーロン茶などのお茶をバクテリアと酵母菌でできた「スコビー」と呼ばれる菌塊で発酵させたもの。フルーティーで酸味のある爽やかなテイストが特徴で、日本で馴染みのある「昆布茶」とは異なる。炭酸飲料よりも糖分が少なく、有機酸やアミノ酸、ポリフェノールなどの豊富な栄養素を含むことから、美容や健康に敏感な層に親しまれている。アメリカでは現在、数十に及ぶブランドが誕生。現地のナチュラル系スーパーで多く取り扱われており、コンブチャバーやスタンドといった専門店も登場している。日本では昭和50年代にコンブチャブームが到来。スコビーの見た目がキノコに似ていることから「紅茶キノコ」と呼ばれていた。

 今回日本で発売されるのは、2001年に創立されたアメリカ初のコンブチャ専門の会社コンブチャ ワンダードリンクが世界で初めて常温と長期保存を可能にしたオーガニック炭酸飲料。レシピは紅茶ブランド「スタッシュ ティー(STASH TEA)」や「タゾ(TAZO)」の共同設立者であるティーマイスター スティーブン・リーが考案し、ウーロン茶をベースにしたベーシックなフレーバー「トラディショナル」、ウーロン茶に洋ナシの香りを加えた「アジアンペア&ジンジャー」、レモンとグリーンティーですっきりとした飲み心地の「グリーンティー&レモン」、ジャスミン茶とグレープを組み合わせた「ナイアガラグレープ」の4種が展開される。伊勢丹新宿本店のビューティーアポセカリーをはじめ、紀ノ国屋 インターナショナル青山店や「ログロード代官山」内に出店する「THE MART AT FRED SEGAL」などで取り扱われる予定だ。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング