Art

西武池袋本店の屋上が都会のオアシスに レストラン&バーなどオープン

Update:

【4/17 Update】レストランの名称は「La Terrasse –Oyster&International-」に決定。カジュアルに牡蠣が楽しめるほか、季節に合わせてテーマにちなんだ料理を提供する。5月のテーマは「イタリアン」。運営は、国内最大のオイスターバーチェーンであるヒューマンウェブ。

イメージ Image by そごう・西武
イメージ
Image by: そごう・西武

 そごう・西武が、西武池袋本店の屋上を"都会のオアシス"に全面リニューアルする。四季を感じる庭園を核に、月替わりのイベントや企画を展開する「食と緑の空中庭園」として4月29日から営業を開始。約120席のレストラン&バーや10店舗で構成するフードカートなどを設け、1日に2,300人が訪れるような豊島区の新名所を目指す。

— ADの後に記事が続きます —

 本館9階の屋上面積約5,800平方メートルで展開される「食と緑の空中庭園」は、画家クロード・モネの作品「睡蓮」や所縁の地「ジヴェルニーの庭園」がインスピレーション源になっており、奥行き約25メートルの池も含めて複数種類の草花で彩られた遊歩道「睡蓮の庭」を設置。全長合計約165メートルのグリーンウォールや芝生の広場「グラスフィールド」、花などのコンテナ約100基を随所に施し、光と音の演出も加えて憩いの場を創出する。

 レストラン&バーのエリアでは、季節ごとに入れ替えたメニューや夜はアルコールを提供。庭園内にはレストスペースが570席設けられ、隣接するフードカートエリアでは和・洋・中のフードからドリンクまで、各カートが用意する手頃な価格帯の食を楽しむこともできる。

 百貨店ならではの屋上利用として、庭園を案内する「屋上コンシュルジュ」を新設。輸入家具を紹介するインテリアやミニすべり台などの子供向け遊具を配するほか、ワゴン販売や朝市、朝ヨガ、ミュージックライブ、大道芸などのイベントを週末を中心に実施する。

■「空のほとりで逢いましょう。『食と緑の空中庭園』」営業時間 ※一部施設を除く
 ・通常(5・6・9 月):午前10時〜午後10時
 ・夏季(7・8 月):午前10時〜午後10時30分
 ・その他(10~4 月):午前10時~午後8時

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング